座間殺人・井上尚弥氏の父で大家の井上慎吾さんが複雑な心境を吐露。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

連日新しい事実が判明し、9人全員の身元も解って来た座間殺人事件。

犯罪史上でも稀有な猟奇的事件の犯行場所になってしまったアパートの大家である井上慎吾さんが「困惑している」と苦しい心中を吐露した。

出典:http://blog.goo.ne.jp/adragonisflying12345/e/be8356a9dd1bf19d79178749f67cc659

スポンサードリンク

井上尚弥氏の父、井上慎吾さんが座間殺人現場アパートの大家

神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件。

この事件には政府も言及しており、菅義偉官房長官も「犯罪史に残る極めて残忍で凶悪な事件で、強い憤りを覚える」とし、関係閣僚を集めて再発防止対策に関する会議を首相官邸で開くまでに至っている。

その現場となったアパートの大家である、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥の父真吾さんが「頭が真っ白になった」、「困惑している」と苦しい胸中を吐露した。

井上慎吾さんのアパート管理会社職員「高青年だった。こんな犯罪を起こすなど、微塵も思わなかった」

また、アパートを管理する管理会社の職員は契約時の白石容疑者の様子を「ハキハキして好青年だった。こんな犯罪を犯すなど、微塵も思わなかった」と語っている。

契約時、90分ほど会話をしていたとも言い、「見抜けなかった事が悔しい」とも話しているという。

スポンサードリンク

井上慎吾さん「被害者の供養の意味を込めてお祓いをしたい」

事件が起こった後も現在入居済みの10名の住民は契約の継続をするという事。

犯罪史に残る猟奇的犯罪にも拘わらず、ほぼ全員が居住の継続を希望するという。

親子二人三脚で世界チャンピオンまで上りつめた井上慎吾さんへの信頼と無関係ではないだろう。

井上慎吾さんは一連の捜査が終了し次第「「被害者の方へ供養の意味を込めておはらいをしたい」と話している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*