松田優作が新CMで復活!伝説の俳優の最新作にオールドファンの反応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

故・松田優作さんが2017年6月20日より開始のアサヒビール「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」CMに登場している。

このCM、ハリウッドなどで活躍中のトップクリエーターが集結し、制作。

CGの中でもVFX(視覚効果)の最新技術を駆使して再現。

若くしてこの世を去る事になり、日本芸能界の中でも神格化されている松田優作の「最新作」の出来はいかに?

スポンサードリンク

松田優作とは?

昭和に生まれ、昭和を生きたオジサンで、松田優作を知らない男はいないだろう。だが、早いもので松田優作が無くなり、早30年。

平成の時代の若者は「松田優作」の名前も知らなくても不思議では無い。

少しばかりプロフィールを

  • 名前:松田優作
  • 生年月日:1942年9月21日
  • 出生地:山口県下関市
  • 主な出演TVドラマ:「探偵物語」・「太陽に吠えろ」等
  • 主な出演映画:「蘇る金狼」・「野獣死すべし」・「ブラックレイン」等
  • 主な出演CM;マンダム「ギャッツビー」・キッコーマン焼酎「トライアングル」等
  • 逝去:1989年11月6日

プロフィールは上記の通り。

スポンサードリンク

松田優作伝説

松田優作の魅力はスクリーンやTVの中の演技だけに留まらない所にある。仕事でも私生活でも「松田優作」は「松田優作」であり続けたのだ。数々の逸話がある。

・先輩俳優の運転で高速で移動中、「先輩に」クラクションを鳴らしてきたトラック運転手が頭にきて、高速であるにも関わらず車を降りて詰め寄っていった。

「俳優の佐藤蛾次郎と店で打ち上げをやっていた時に、他の客がバカにしたような口調で佐藤に「蛾次郎~!」と、囃し立てると松田は激怒し本気でその客に殴りかかりそうになった」

引用:wikipedhia

「原田芳雄の家で松田優作と桑名正博が殴り合いの喧嘩になり、松田優作が大きな植木鉢を持ち出したところでジョー山中が止めに入った」

引用:武勇伝―男は、誰のために、何を守るために戦うのか

 

等、この他にもエピソードは尽きる事はない。

現代の芸能界でこんな事をする俳優はいないだろう。

突飛な行動にも今よりは寛容な時代に生き、「非日常」をこれでもかと感じさせてくれる所に男達は夢中になった。

松田優作が新CM【アサヒビール】・ウィルキンソン・ハード無糖ドライに登場

そんな松田優作がCMで「ブラウン管」に復活した。存命時、松田優作はCMも1つの作品として捉え、手を抜いたものは無かったと言われている。当時のCMも幾つかご覧になって頂きたい。

松田優作の過去のCM

出典:youtube

出典:youtube

筆者の目には「カッコイイ!!」と映るのだが、若者の目にはどう映るのだろうか・・。さて今回のCMもアサヒビールのHPで視聴できるので覗いてみた。

最新のVFX(視覚効果)を使用し、松田優作の声や仕草を徹底的に研究したとメイキングで語っているCOLIN RENSHAWさんとJORDAN MCINNESさん・・。

「最新技術を駆使し、人の顔の動きを再現するのはVFXの難易度で言うと頂点と言われており、今回挑戦できて、成果を出せた事はとても満足しています。」

・・・との事でした。

スポンサードリンク

松田優作最新CM、オールドファンはどう捉える?

出典:アサヒグループ公式チャンネル

今回のCM。監修した妻の美由紀さんが

「このCMの優作は、ハードボイルドのアクション映画の頃をイメージしていますが、男の人が硬派な男の生き様を感じてくれたら、うれしいです」

と語っている。私もその意図は分かりますし、

今回の「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」のイメージにに松田優作を持ってきたのも素晴らしい!!

バックに流れているForever Manもいい!

CM全体の構成もいい!「松田優作」感も出てる!

CMに携わった全員が手を抜くことなく頑張ったのもビンビンに感じる!!

が!!!!

口元が・・なんであんな女性的なんだ?なんであんな綺麗すぎるんだ!?

少なくとも私は、そこから松田優作を感じれなくなってしまった・・。

最後「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」を飲み乾すシーンは素晴らしい!!飲み乾す首の角度なんてまさしく松田優作だ!!なのに・・なぜ口元があんなに女性的なんだ?

ああ、この感情はどこにぶつけたらいいのだ!?携わった皆が全力を尽くしたのが解るのに勿体ない。

別に批判したいわけではない。

稀代の名俳優「松田優作」若者たちにもを知ってもらえる機会だし、これを機にまた「松田優作」が多くの人の目に触れて欲しいだけなのだ!なのに最大の魅力の「無骨さ」が・・。

ああ、そうだ。優作さんの口元といえば、野獣死すべしの時の奥歯4本抜いた逸話もあるなあ。

今回のCMの口元だけで冷めてしまったのは、私だけだろうか?私だけならいいんですけども・・。

昭和を生き、松田優作をリアルタイムで感じた男達はどう感じたのだろうか、皆様のご意見が気になる所である。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*