山尾志桜里が離党を検討。これまでの経歴と不倫騒動・・真実はいかに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

民進党の代表選は下馬評通り前原氏に軍配。

そして党再編の目玉。幹事長候補に挙げられていたのが山尾 志桜里氏

しかし、直前になり幹事長どころか、どの要職にもつけず。

何が起こったのかと思ったら週刊誌による不倫報道を懸念し、今回の判断に至った模様。

不倫の真実はいかに?

昨今、不倫=「アウト!」の風潮ですが・・

不倫してても、いい仕事してくれれば問題ないと思うんですがね・・

さらに要職就任どころか離党も検討しているという。と、いう事はやはりやましい事があったんでしょうか?

スポンサードリンク

山尾 志桜里氏のプロフィール

氏名:山尾 志桜里(やまおしおり)

生年月日:1974年7月24日

出身地:宮城県仙台市

出身小学校:聖徳学園小学校

出身中学校:東京学芸大学付属大泉中学校

出身高校:東京学芸大学教育学部附属高等学校

出身大学:東京大学文科I類に入学、3年次から東京大学法学部に進学。卒業

資格:2002年司法試験合格

山尾 志桜里氏小学校時はミュージカルアニーに選出される

山尾氏は聖徳学園小学校在学中に、英語学校のミュージカル「アニー」で主役のアニーを務めた。

その後、今や日本のミュージカルのパイオニアとも言えるミュージカルアニーの初代アニー役のオーディションに合格。

スポンサードリンク

山尾志桜里氏の職歴・経歴

・2002年司法試験に合格

・2004年に検察官に任官。東京地方検察庁・千葉地方検察庁・名古屋地方検察庁岡崎支部に勤務。2007年に退官。

・2009年、第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で愛知7区から出馬。初当選。

・2012年の第46回衆議院議員総選挙では落選、。重複立候補していた比例東海ブロックも次点で落選。

・2014年の第47回衆議院議員総選挙では毎回闘う鈴木敦司氏をわずか5000票差で破り2012年の屈辱を晴らし、国政に復帰。

山尾志桜里氏の民主党内での経歴

・2015年の民主党代表選では細野豪志の推薦人に。

・2016年、民主党から民進党への移行、結党時には政調会長に。

・同年、民進党代表選では所属派閥のリーダーである前原氏を支持した。

・2017年、民進党代表選挙には所属派閥の前原氏が代表に就任。幹事長候補の筆頭に挙げられるも諸問題が発生し、断念。執行部入りはならず。

スポンサードリンク

山尾志桜里氏の政治活動

桜友会の政治資金問題

2012年分の政治資金収支報告書に山尾から、政治資金規正法で定める上限額を超える1114万円の寄附を受けたと政治資金団体「桜友会」が問題視された。

2012年、10回にわたり、山尾が代表を務める民主党愛知県第7支部が桜友会から計899万円の寄附を受けたと収支報告書に記載。

だが、桜友会側の収支報告書には5回分423万円分の寄附しか記載されおらず問題となった。

元秘書が非常識な量【地球三周分】のガソリン代金を公金で購入

さらに、第7支部は2012年に同じ店舗で一日10万円分のガソリン代を出費、なんと年間では230万円分のガソリン代を出費したと記載しており、あり得ないガソリン代も問題視される。

このガソリン代は、帳簿上、第七支部とは無関係に支出されていた事が明らかになり、退職した元秘書による行為と断定。

すぐには連絡が取れなかったが、山尾氏同年4月20日の記者会見で元秘書を連絡が取れ、法的措置を検討していると発表。

その後、元秘書が2011年~2012年の間に不正に請求したとされる217万円を認め、全額弁済した。

山尾志桜里氏、匿名ブログの「保育園落ちた、日本死ね」で流行語大賞式場に

「保育園に落ちた死ね」匿名でブログに記載されたこのフレーズを国会で使用し、待機児童問題に切り込んでいき、安倍政権を追求、一気に注目を浴びた。

女性ならではの視点で待機児童問題に取り組んでいたのだとは思うが、この方の口調はどこかこう・・自分が目立ちたいのでは?とかチヤホヤされたいのかな?と思ってしまう。私見である。

流行語大賞の受賞席にも御多分に漏れず出席・・。・・出席しますかね?良識ある国会議員が・・しかも言葉が言葉・・。

どうにもこの辺が色々な問題を起こる脇の甘さなのではと思ってしまう。

スポンサードリンク

山尾志桜里氏、宮崎謙介しの不倫を糾弾するも

ガソリン問題の時も甘利経済再生担当大臣(当時)の秘書を堂々と批判した後の事だった。

そして宮崎謙介氏の不倫騒動を舌鋒鋭く被弾していたら今回の騒動。

高学歴や司法の経験は自身を律する事とは関係ないのだろうか。

相手はイケメン弁護士・倉持麟太郎氏。マンションから出てきたというが

今回の不倫騒動の情報はそこかしこで放送されると思うので省略するが、都内のイタリアンレストランで会食。新幹線で隣同士(なにかを彷彿とさせますが・・・)。同じホテルに宿泊。

そして倉持氏の事務所近くに借りている、自宅でも、仕事場でもないマンションがあるという。そこに二人は別々に入り、別々に出てきたという。これはもう・・疑われてもしょうがない。

隠れ蓑に使ったつもりが「なんのマンション?」と聞かれては答えようがないだろう。

倉持氏の得意分野は、「離婚・男女問題」

・・落語のネタになりそうな話である。

個人的には不倫したとて・・

しかも、今回離党を考えているとなると・・やましい事はやっぱりあったのだろうとゆう思わせてしまう。

筆者個人的には、不倫したとて日本国にとって大きな仕事をしてくれればなんら問題は無いと思っているのだが、こうしてコソコソされると「大きな仕事はできないんだろうなあ」と思ってしまう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*