海猿契約終了。作者の佐藤秀峰さんがツイッターで報告。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2000年代。邦画の大ヒット作「海猿」

作者の佐藤秀峰さんが自身のツイッターで「海猿」のすべての契約が10月で終了したことを報告。2012年10月、フジテレビとのトラブルがあったのを知る人も多いだろう。

その後2015年には和解したとの事だったが・・

スポンサードリンク

海猿の契約終了。以前からフジテレビとの間に確執

 「海猿」「ブラックジャックによろしく」などのヒット作で知られる、マンガ家の佐藤秀峰氏。

今回自身ツイッターで「遅ればせながらご報告です。実写版「海猿」は2017年10月で全ての契約が終了しました。今後、テレビやネットで放送、配信されることは永久にありません。今までありがとうございました」とつぶやいた。

ご存知の方も多いかもしれないが、佐藤氏とフジテレビの間には様々なトラブルが起きていた。

フジテレビの傍若無人な行動

  • アポイントメント無しで佐藤氏の事務所に突撃取材に訪れる。
  • 映画「海猿」関連の書籍が佐藤氏と契約を交わすことなく販売されていた

前者に関してはフジテレビ側から謝罪があり、アポイントメント無しの取材はしない事で事態は収束。

しかし、続けざまに起きた契約無しの「海猿」関連書籍の販売。これに関しては「著作物」の世界を生業にしている漫画家に大変失礼だ。

佐藤氏もこの件には「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」ツイート。さらに「なので、例えば映画『海猿』の続編などは絶対にありません」ともツイートしている。

佐藤氏の怒りは当然だ。

スポンサードリンク

海猿・2015年には一旦和解?

絶縁宣言から3年経過した2015年。フジテレビ側が全面的に非を認め、佐藤秀峰氏も前向きなコメントを残していた。

フジテレビ側のコメント

「著作権を違法に侵害する行為」

「著作権を違法に侵害する行為であり、ざんきに堪えません」

「弊社こそが他社の著作権を侵害することのないよう、全社を挙げて態勢の見直しを図り、二度このようなことのないようにする所存であります」

と、著作権に関し全面的に非を認める旨の謝罪文を発表し、それに対し佐藤氏も

佐藤秀峰氏のコメント

「事実を認めていただくまで3年という月日を要してしまったことが残念です。しかしながら、最終的には過ちを認め、謝罪をいただけたことに心から感謝しております」

「フジテレビから“海猿”の続編製作の希望などをいただいた場合には、交渉を拒否することはございません」

とツイート。しかし、この後に「フジテレビの件、さっそく各所で記事になっておりますが、取材はどこからも受けていません。 なぜ「続編にも前向き」と書けるのか、理解に苦しみます。」としている。

和解はし、交渉を「拒否」する事は無い。という意図だったのだろう。「著作権」を熟知していなければならない業界。

それを無視されて自身の作品に関する書籍を勝手に作成、販売された佐藤氏の怒りは当然だと思うし、その後のフジテレビの対応も悪かったのだろう。

海猿の契約終了。一映画ファンとしては寂しい限り

単純すぎるフジテレビの失礼な行為が「海猿」という名作を観れなくしてしまった。一映画ファンとしては只々残念なばかりだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*