上西対笹原(敬称略)25日・ビビットの生放送に2人別々に?出演。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

上西小百合衆議院議員と、上西議員の公設秘書の笹原雄一氏。

上西議員の騒動の傍らには必ず笹原氏の姿があった最近。浦和レッズの騒動の時も笹原氏が報道陣の質問に答える上西議員にアドバイスをしている姿などはご存知の方も多いだろう。

今回その笹原氏が「解雇」されるという。この「解雇」に関して双方の意見が対立し、これもまた騒動になりそうな気配を見せている。

25日(2017/8/25)にはTBSビビットの生放送で直接対決がある。結末やいかに。

出典:俺のブログ

スポンサードリンク

事の発端は吹田の大規模停電

あの「浦和レッズ」大騒動の中でもタッグを組んで乗り越えてきた二人に何があったのだろうか。

騒動の発端は先日起こった吹田の大規模停電だ。

8月23日朝早く、大阪・吹田市などで3万4000戸余りで大規模な停電が発生。原因は地下の送電ケーブルが破損して漏電。停電はおよそ8時間後、午後2時までにはあと10戸を残すまで復旧、迅速な対応だったと言っていいだろう。

この日の上西議員はツイッターで朝一番から停電の情報を懸命に集めていた。

この他にも、市役所での対応、市民へ熱中対策のため停電区域以外の公共施設で涼をとる様に呼びかけるなど、一日中この停電を注視しており、議員らしい行動をしている様に思える。

そして、午後も吹田市、摂津市をまわり、状況を確認。停電の復旧は終わったが、未だ関西電力の方々は作業にあたっているという気使いを自身のツイッターでツイートまでしており、中々の仕事っぷりと思われる。

が、笹原氏が問題視しているのはこの停電の前日から朝にかけての事と思われる。

※今回は言葉尻のニュアンスも大切なので本人ツイッターを引用させて頂いています。

スポンサードリンク

前日に秘書である家城氏とバーベキューをしていた上西議員が、停電の報を受けても「帰ってこなかった」事に言及している。

停電の第一報は関西電力のプレスリリースでは23日の朝の5時43分。この時間に発生した瞬間、帰ってこれなかった事を言っているのだろうか?時系列から見るとその日の内に駆けつけて停電の処理に当たっているように思えるのだが・・。

そして笹原氏が正式に解雇されたとツイート

スポンサードリンク

これに対して上西議員は

と応戦。

このツイートには「本当にお酒やめて欲しい」と記述されている。

どういうことなのだろうか?一連の笹原氏の発言は「酔っ払いの戯言」ならばTBSというキー局の、しかも生放送を使ってまで放送する意味は無いのではと思うが・・。

今回の騒動に関しては笹原氏が暴走しているように見えるが、事実を聞いてみない事にはなんとも・・といった所。今回上西議員は大阪からの生中継、笹原氏はスタジオに生出演するという。

離れて直接対決!?となるが、直接スタジオでやり合うより、距離がある分、いい話し合いの場になればいいのではと思う。

スポンサードリンク

両氏とも税金で活動している身、国民の「ため」になる行動を

この騒動がどういう展開になるかはわからないが、とにかく両氏とも「国民の血税」で活動し、「メシ」を食べているのだ。

なんだか芸能活動の様に写ってしまう両氏の行動・・そう思うのは筆者だけだろうか?

今回、地上波の貴重な時間を使い、討論する事になるのだから、何とか献身的な意見が出るようにし、政治家として、国民の実になる行動をとって欲しいものだ。

出典:上西議員twitter

出典:笹原氏twitter

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*