女子中高生をコンパニオン派遣。斎藤美紀容疑者「高校生だと思っていた・・。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ホテルや旅館での酒の席に15歳以下の女子中学生8人を派遣していたとして、札幌市のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット」を経営する斎藤美紀容疑者(42歳)が逮捕された。

スポンサードリンク

斎藤美紀容疑者・児童福祉法違反の疑いで逮捕

北海道警は2017年10月4日、コンパニオン派遣会社・ノースバンケットプロデュース役員の斎藤美紀容疑者(42)を児童福祉法違反の疑いで逮捕した。

斎藤容疑者は2017年1月から8月にかけて、道内に住む13歳と14歳の女子中学生計8人を年齢確認をせずに雇用し、ホテルや旅館での宴会にコンパニオンとして計24回派遣した。

押収品のマニュアルには・・

警察が押収した証拠品の中には、宴会で用意があるであろう酒の種類や、接客方法に「読み仮名」を記したマニュアルなどもあった。この事をみるに、斎藤容疑者は未成年者だと解って雇用、派遣していたと思われる。

斎藤美紀容疑者・高時給、紹介料。巧みなシステムで学生を集める

ノースバンケット・斎藤美紀容疑者は宴会のコンパニオン料として、女子中学生に2時間で平均5500円、3時間で8000円の高額給与を渡していた。

また、紹介料約2000円を払って後輩の中学生らを集めていたという。

給与、紹介料、共に女子中学生にとっては大金だ。家庭が金銭的に苦しい生徒などは金に目が眩んでしまってもおかしくない。そのあたりを巧みに利用して運営していた斎藤容疑者、極めて悪質だ。

今回の事件は、友人に勧誘された中学生の親が札幌西署に相談して発覚した。

斎藤美紀容疑者「高校生だと思っていた」

斎藤容疑者は警察の取り調べに対し容疑を認めている。

そして「年齢確認を怠った」とした上で「雇ったのは高校生だと思っていた」と話しているという。長年こういった手法を取り、完全に感覚が麻痺してしまっているのだろうか。常軌を逸した発言だ。

スポンサードリンク

求人・就職の口コミサイトには昔からノースバンケットの悪評も

口コミポータルサイトみんなの広場の「仕事・就職」カテゴリには過去に匿名による注意喚起も

バイト情報誌タウンワークで、日雇いの仕事として、ノースバンケット・プロデュースを知りました。パーティーアシスタント業です。
マナーや接客が身につくと思って応募しました。
面接の日程を決めるため、電話をしたのですが、「すぐにでも人手がほしいから、1時間以内に来て!」とのこと。
変だなと思いながらも、行って見ると、みんな大慌てで着替えやメイクの最中でした。
この忙しい中、面接かな、と思いきや、「はい、これ着て。面接は後。とりあえず急いで!」と言われ、考える猶予もないまま、着替えさせられて、メイクとヘアーが5分で完了していました。
タクシーに乗せられ、パーティー会場に着き、出会ったのが、その会場担当の、ノースバンケットのキャプテン(残念ながら、名前は覚えてないです)。
こちらの挨拶にも答えず、会って早々「これ誰?」の一言。
「初めての方なんです。事務所からの指示で連れてきました。でも未経験だそうで。」と、タクシーに一緒に乗っていた方がフォローしてくれたのですが、「初めて初めてって、連呼しないでくれるっ」と渇が入った。頭をぽりぽりかきながら、私をにらみつけたあの視線が未だに忘れられない。
いやな所に来てしまった。と思った。
誰かのアシスタントのようなかたちで、仕事内容を覚えるのかと思っていたが、キャプテンに自分のテーブルを割り当てられてしまった。
接客業がはじめてなわけではなかったが、さすがに研修なしでは自信がなかった。
「何をしたらいいんですか?」と聞くと、「笑顔でお客様をお出迎えして。何も難しいこと言ってないんだから、ちゃんとやって頂戴よ。」とキャプテン。
いざパーティーが始まると、10分おきくらいに、小突かれて会場の隅に連れて行かれた。他のアシスタントがこちらを見ている。「笑顔でって、言ったじゃない。あなたのせいでこのパーティーが台無しになったら困るー。」「ちょっと、あなたいくつ?大人な対応してくれないかしら。」などと、理にかなわない説教が続く。
ビールを手渡された際、わざと滑って落としそうな渡し方をして、「いやだ、あなた、正気?気を付けてよ!」とにらまれた。
そのうち、なぜか私の周りのテーブルからアシスタントがいなくなり、他のテーブルから、「お姉ちゃん、ちょっと」と声がかかるようになったので、そちらも対応していると、再び現れたキャプテンに「あなた、ジグソーパズルしてるんじゃないんだから、他のテーブルにちょっかい出さないでくれる。」と怒られた。いやいや、大事なのは、お客様のほうでしょ。
そのころには、私の顔はストレスで引きつっていて、すぐにでもその場から逃げ出したかったのだが、アシスタントが少ないこと、自分のテーブルのお客様のことを思うと、帰らせてくれと言い出せなかった。
パーティー開始から1時間が経過。キャプテンからの命令を受け、他のアシスタントが私の元にやってきた。なぜかこちらも怒っている様子。「非常口向かって歩いて。」と言われ、お金を渡された。「これで事務所まで帰って。」ホテルから放り出されたとき、悲しかったが、それ以上にほっとした。
事務所に着き、さあ、面接をと言われたが、私には合わないようなので、と言ってとっとと帰ってきた。
いきなり研修もなしに、新人を本番に使うなんて、お客様に失礼だと思います。サービス業として失格ではないですか?
上司は、その権力を乱用してはいけないと思います。
ともかく、ノースバンケット・プロデュースで仕事をしようとお考えの方、私の書き込みも参考にしていただきたいと思います。同じ目にあってほしくないです。。。

引用:口コミ広場

この時は未成年に関してのものではないが、会社自体のシステムが杜撰なのがわかる。

「酒を注ぐ」以上の接客も考えられる。徹底した捜査を。

宴会コンパニオンと言えば、お酒を注ぐ以外のサービスがある会社も世の中には存在する。「酒を注ぐ」以上の接客の強要がなかったかの捜査の徹底も必要だろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*