塚田恵梨花のwikiやプロフィールは?棋士なのにとってもキュート!!【未来モンスター】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

藤井聡太四段の29連勝新記録樹立で話題沸騰中の将棋界。

今注目の将棋界。素人出身の棋士や、ニコ生出身の棋士も話題に上っているが、両親ともに棋士というサラブレットがいる。

塚田恵理花(18さんだ)。棋士なのにといったら語弊があるかもしれないが・・・

棋士なのにとってもキュート!!そんな彼女のプロフィールや経歴とは?

スポンサードリンク

塚田恵理花さんのプロフィール

出典:本人ツイッターより

名前:塚田恵理花(つかだえりか)

生年月日:1998年8月27日

出身地:東京都

女流棋士番号:51

出身高校:日本女子体育大学付属二階堂高校

!!?高校は体育大学の付属です。しかも日本女子体育大学付属二階堂高校といえば、

山田海峰さん【元アトランタ五輪・体操競技代表】

出典:jF-wORK

樋口久子さん・元プロゴルファー

出典:Munsingwear

など、超本格派のアスリートを輩出している体育学校でもエリート高校。

そんな高校で高校時代は陸上部に所属!意外も意外である。

が、塚田さんのツイッターなど拝見していると、とっても健康的です。お肌もツルツル!

彼女のキュートさの源なのかもしれません。

https://twitter.com/erika_hana_/status/863219629543497728

スポンサードリンク

塚田恵理花さんの経歴

そんなに将棋に興味が無かった幼少期・負けがきっかけで奮起

塚田さんは幼少期にお母様から将棋を教わったが、あまり興味はなかったようです。両親ともにとなると・・・どの世界もあるあるですよね。

が、大会に出場し、同学年の竹俣紅さんに負けたのがきっかけで真剣に将棋に打ち込むようになる。

言っても両親が棋士である。「同学年」に負けた事はなかったのではないだろうか。

ちなみに竹俣紅さんも現在女流棋士。塚田さんのライバルでもある。

数々の受賞歴、そしてプロ棋士へ

本気になった塚田さん。大会での受賞歴です。

2009年  小学校駒姫名人戦・初級者の部     優勝

2010年  小学校駒姫名人戦           準優勝

2011年  第2回YAMADA子供将棋大会中学生の部 準優勝

2013年  第2回TOMASCUP小中学生将棋大会A  3位

2013年  第34回全国中学生選抜将棋選手権・女子の部3位

着々と実力を蓄えていき、

2014年10月1日付けで女流2級としてプロ入り!

高校1年生でプロ棋士に!!

その後、2015年度6月23日に長谷川優貴棋士に勝ち、女流1級に昇格。現在に至る。

スポンサードリンク

塚田恵理花さんのご両親ともに棋士

さて、塚田恵理花さんのご両親。

どちらかの親がプロ棋士である例は少なくないが、「両親が共にプロ棋士」なのは塚田さん一家が初。

父・塚田泰明プロ

出典:ついっぷる

母・塚田佐知子プロ(旧姓・高群)

出典:NAVERまとめ

お二人の棋士ならではのほっこりエピソードがこちら。

結婚前、二人で極秘に沖縄旅行に行ったが台風で久米島から帰れなくなり、テレビ収録の仕事を二人ともキャンセルした[4]。交際が公になっていなかったため二人は連盟に別々に連絡し、高群が電話で沖縄にいる旨を伝えた一方、塚田は沖縄と言うとバレてしまうので「いま南の島にいます」と電話したが、結局交際が発覚した。このエピソードは、「南の島事件」と言われおり、棋界の人間を招いた結婚式でも披露された。

引用:wikipedia

それはさておき、父、泰明さんは温厚そうに見えるが、豪快な攻めで知られ、「塚田が攻めれば道理が引っ込む」と言われるほど。

長急戦の戦法「塚田スペシャル」を引っ提げ、22連勝を達成したことがある1流棋士である。

そのキップのいい攻める将棋に固定ファンも多く、自身の著書「塚田スペシャル物語」も出版している(1989年2月)

まとめ

棋士になり、現在奮闘中の塚田恵理花さん。

まだまだプロ棋士としては駆け出しで絶賛奮闘中の彼女ですが、偉大な父の血を受け継ぐ彼女の事。

「恵理花スペシャル」で連勝街道を突き進む日も近い事でしょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。