都民ファーストの会は混乱、解散へまっしぐら。早急な国政進出はやめなさい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

都議選に圧勝の都民ファーストの会だが、すでに暗雲が。

国政進出のタイミングを巡って、都民ファーストの会が混乱している。

スポンサードリンク

都民ファーストは混乱・内紛・分裂する。問題は単純である。

選挙のためだけの代表はテクニックでしかない。

7月2日の東京都議会議員選挙を圧勝した都民ファーストの会、そして小池代表。

その小池百合子代表は「都民の代表としての責任を背負い、いい都政がお互い作れるよう努力したい」と述べ、都知事としての本来の職務である都政運営に取り組むべく、都民ファーストの会の代表を退くことを明らかにした。

都議選、都民ファーストの会が追加公認を含めて55議席を獲得。

公明党などを加えた都民ファーストの会を支持する勢力が過半数を大きく上回り、都議会第1党となる圧勝。

「都民の皆さんの古い議会を新しくという期待を受けて、今回、第1党に上り詰めることができた。都民の代表としての責任を背負い、いい都政がお互いつくれるよう努力したい」と小池都知事。

スポンサードリンク

結局自身の人気を利用し議席獲得のみの目的。もういいかげんこういった政治はやめにするべき。飽き飽きです。

それは当選した人物を見ればわかる。今回の議席を獲得した候補者は政治経験が無い人間が多すぎる。半数以上にものぼる。政治の世界にドップリ漬かって人生を過ごし、政治家にならなければいけないとは思わない。

また、数の論理。組織の強さ。議席の数の獲得による勢力拡大。自身の考えや行動、政策や決め事を推し進めたい時に数の論理が必要になる局面がるのもわかる。

だが、人気や知名度優先で中身が薄い人間が多いと言わざるを得ない。

一体。何を考えているのだろう。

橋本徹元大阪市長の維新の会の時も・・。

おそらく本人すら勘違いしてしまいがちだと思うが、橋本元市長も、小池都知事も、今起こっている問題とその解決方法、未来の政策や構造改革の提示。それを処理、遂行できる能力を備えているのは間違いない。

その能力と、人間の心情や行動を先読みし集団や組織をまとめ上げる能力は全くの別物だという事を。

橋本元市長は弁護士出身で民間企業出身であるが、100人規模の組織の長は経験していないのではないか?一方、小池都知事もニュースキャスター出身。大規模な集団の長は経験していない。

だから、一瞬代表に就いて、終わったらすぐやめるという事が出来てしまうのだ。

大きな土台を築く企業、もしくは組織の長がそんな事、するだろうか。

政治の世界とはそういうものだ。というのなら、その体制自体が間違っている。

後々、混乱や空中分解の大きな要因になるだろう。

スポンサードリンク

小池都知事と若狭勝衆議院議員。意見のすれ違い

 

都民ファーストの会は2017年3月に「国政研究会」を発足させている。

同研究会は、選挙を見据えた候補者養成の場になるのでは?との見方もあるが、3月10日の定例記者会見で小池都知事は「その期待に応えられるものではない」と否定している。

小池都知事は国政進出には慎重だ。

しかし今回の大勝で強い追い風が吹いたのは間違い無く、

都議選で都民ファーストの会を支援した若狭勝衆議院議員は、2大政党制の受け皿を作るべきだとして、都民ファーストの会の主張を反映した国政政党を年内には設立したいと述べた。

「都民ファーストの会が訴えていたことを、きちんと国民レベルにも訴えていく必要がある。2大政党制の受け皿になれる団体が作られていくべきだ」

さらには「そのまま一気呵成(かせい)に作ることが大事であり、来年、再来年ということになると、都民の声が国政に反映されないまま、ずるずると時がすぎてしまう。年内には少なくとも、何らかの動きがあるのではないか」とも述べ、年内には国政政党を設立したいと示唆。

また「都議会議員選挙で都民ファーストの会を支援した、長島昭久衆議院議員や、渡辺喜美参議院議員と新党に向けた協議をしていくのか」の質問に、若狭氏は「少なくとも名前が挙がっている先生方と話し合い、協議をする可能性はある」と。

これは十分に小池都知事と協議を重ねた結果の記者会見なのだろうか?

もしそうだとしたなら、小池都知事が言っている事との乖離がある。そしてもし若狭衆議院議員が勝手に言い出した事なら、それこそ大混乱を招くことになるだろう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*