東大院生・逮捕。福原弘太郎・女子高生に強制わいせつ未遂容疑。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

警視庁は9日、路上で女子高校生の頭にトートバッグをかぶせて抱きついたとして、東京大学大学院生の福原弘太郎容疑者を再逮捕した。

福原容疑者は「若い女性を見かけて後をつけたが、抱きついてはいない」と一部容疑を否認しているという。

後をつけるだけで女性にとってはかなりの恐怖だと思うが・・

スポンサードリンク

スリルや背徳感でストレス解消を

逮捕容疑は6月にさかのぼる。

荒川区内の路上で女子高生に後ろから近づき、女性の頭に持っていたトートバッグをかぶせて抱きつくなどしたとしている。女性が悲鳴を上げ、福原容疑者はその場から逃走したという。

しかし、事件現場周辺の防犯カメラの画像解析などから、福原容疑者の名前が挙がる。8月2日。別の女性の後をつけてマンションに侵入した警戒中の捜査員が現行犯で逮捕した。

福原容疑者は

「堅苦しい研究と真逆のことをするとスリルや背徳感があり、ストレスが和らいだ」などと供述しているという。

袋をかぶせようとはしたが、抱き着いてはいない

福原容疑者は「トートバックを被せようとしたが、抱きつこうとはしていない」ともしているという。

だからどうした?

という事になるだろう。

東大に入学できる程のその頭脳で少しでも罪が軽くなるように語っているのだろうか?

トートバックを被せようとしている時点で恐ろしいのだ。

自分自身が「知らない男に背後から袋を被せられたら」と思えばすぐ解る事。

勉強に没頭するのは得意。その集中力が自分の欲望にも向けられてしまったという事になのか?

そのあたりのバランス感覚は欠けていると言われても仕方がない。

スポンサードリンク

東大生・過去には松見謙佑(当時22歳)が強制わいせつで逮捕

東大生のわいせつ罪と言えば、2016年5月に東京都豊島区のマンションで起こった事件がある。

大手居酒屋チェーンにて飲み会をした松見謙佑容疑者らが、仲間のマンションに移動。

被害女性にわいせつ行為や殴るけるの暴行を加えた上、カップラーメンの汁を女性の頭にかけたり、割り箸でいたずらするなどの凶行を働いた。

常軌を逸しているのは「東大」と全く無関係だと言えるだろうか?

勉強だけを詰め込んだ結果か?

女性をつけて、頭から袋を被せ暴行を働こうとする。女性に性的暴行を加えた上、カップラーメンの汁を頭にかける。「常軌を逸している」これらの行動は勉強だけを詰め込んだ弊害と言えるのではないだろうか?

他の犯罪者も似たようなものだろ?と言われればそうなのかもしれないが・・

筆者の私見だが、この2つの事件にはそれ以上の「何か」を感じる。勉強だけを詰め込んだ結果、何かを失ったという・・。

まとめ

東大生による事件。大きなものだけ見ても、この1年の間に2回。なかなかの頻度ではないか。

これを教訓に被害女性を出さない、未然に防ぐシステムを構築してほしいものだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*