店員にタメ口【横柄な客ランキングベスト10】【飲食店編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

週末の金曜日。

街の飲食店を見回すと、たくさんの人々がジョッキやワインや焼酎や。グラス片手に楽しそうに呑んでいる。そんな中、店員にタメ口や横柄な態度をとる人、1度は見かけた事ありますよね。

横柄な態度をとられた店員さんはもちろん、一緒に飲んでいる人達や、見ている人達まで不快にするその行動。本人は気付いているのかいないのか?

10年間、黒字を出し続けてきた飲食店店長に話を聞いた結果・・ご覧ください。

スポンサードリンク

今回は飲食店における横柄なお客

様々なシュチュエーションで見かける横柄な客。それこそ街を歩けばどこでも見かけるが、今回はその中でも皆さんの目撃&体験が多い飲食店のケースを見てみよう。

都内某所。27歳で店長になり、以降リーマンショックと2011年以外は毎年黒字を出してきたA氏に話を聞く事ができた。あくまでも「個人」の意見になるが10年間変わらず黒字を出す人物。

現実と大きくかけ離れた話にはならないだろう。

横柄な客の横柄な態度ベスト10

まずは横柄な客の、嫌な態度ベスト10

1位 タメ口

2位 声がでかい

3位 注意しても無視

4位 やたら自分の方が年上だからアピールをする

5位 「俺は客だから」感がすごい

6位 「すいませーん」はでかい声で言えばいいと思っている

7位 呼び鈴を連打する

8位 イスから落ちる位、のけぞって座っている

9位 呼んだのに注文しない

10位 (一緒に来た)女性の体を触りまくっている

独断と偏見の順位なので、順位に関しては人により変わるだろうが、「主な横柄な客」の代表10項目ではないかと思う。

スポンサードリンク

1位 タメ口

これは老若男女問わず1位なのではないだろうか?

まあ言い方や、お客と店員の年齢差もあるんですが・・。

客の方が年上でも「ビール下さい」と言えばいい。なぜあんなに偉そうにするのだろう・・答えは・・

偉くないから。

本当に偉い人で、偉そうにしているお客さんは見た事が無いです。あ、1人だけいたな。大王製紙のお坊ちゃんwかなり偉そうだったなそういえば。苦笑

飲食店の皆さん。偉そうにタメ口で注文するお客さんは

「可哀想だな・・この人」と思いましょう。

2位 声がでかい

これは幾つかケースはあるんですが・・。

声がでかい人って、面白い人の場合もあるんです。周りをハッピーにする事ができる場合は目をつぶります。と言ってもそれは1割くらい。9割はうるさいだけ。

・酒が入って声がでかくなり、自分でも気づかないパターンと

・俺様が喋っとるんじゃパターン

の二つに分かれる。前者の場合。

悪気は無いので1、2度注意して収まらなければ、私は周りのお客さんを別の席に避難させてました。周りの人達もあまりダメージは無い。

後者の場合。若かりし頃は徹底的に戦って「出禁」にした事も多々ありました。戦い方は「うるせえから出てけ」それ以外のフレーズは一切使わない。それも2年に1度位。

今は電話に登録しておき、電話が掛かってきて、バレバレでも「その日は一杯」「今一杯」の一点張り。来てスカスカでも「予約で一杯です」の1点張り。

入店してしまって、最初はそうでもなかったんだけど、徐々にそうなってしまった場合。

周りにお客さんを入れない。うるさい席の周りに先に入っているお客さんが居たら、他が埋まる前にすぐ移動。そうしていればあまり気にならないし、2、3回それをやれば気付いてこなくなる事が多い。(絶対ではないが)

スポンサードリンク

3位注意しても無視する

これは良くあるシュチュエーションだ。アルバイトさんが勇気をもって注意したのに無視したりしたら周りの客はドン引き間違いない。通常は根気よく声掛けしてる姿を見せて溜飲を下げてもらうしかないだろう。大変だ。

そしてこれは絶対にオススメしませんが・・。

私は無視されたら、完全に無視仕返します。呼ばれても席に行きません。他の店員は別の席に行かせ私が見ます。詫びを入れるまで無視します。私の風貌もあったとは思いますが、これをやると「数分で退店」か「すみません」のどちらかで、「すみません」と言って来たお客さんのリピート率120%笑

超常連になってくれる統計があります。そして退店するお客さんもほとんどいません。

「覚悟」は伝わるものだという事です。ちなみに個人店じゃないと効力はありません。

チェーン店の場合はやめておきましょう・・大変でしょうねえ(苦笑)

そして4位に行く前に、年代別に横柄な客の割合を聞いてみた所、このような結果に(クリックで拡大できます)これは同氏の店の場合。お客さん1人¥5000程の店舗の場合です。

10代が5%

20代が20.8%

30代26.3%

40代10.8%

50代以降40%

という結果。

20代の後半から荒れ始める傾向が強い。部下を背負いきれない上司

10代と20代は少子化により絶対数が少ないのもあるが、若者の酒離れと、「草食化」により有り余ったエネルギーを酒や食べ物に向けて発散する事が減ったのでは考えている。

特に2015年以降の20代前半は非常に大人しい。20代の横柄な客の8割は、会社に入ってから数年たった25歳から30歳位。特に30代に近づくに連れ、態度が悪くなっていく傾向がある。

少子化で育ち、兄弟がいなかったり、いても核家族化していて上下関係や人とのつながりが希薄な現代の若者が上司になって、どう部下に接したらいいかわからないでかなりのストレスを溜めてしまう。

そのはけ口が店員に向かってしまうのだろう。また「後輩の前で偉ぶりたい」ケースも多い。学生時代に厳しい上下関係も無いから「格好のいい偉ぶり方」もわかっておらず見るに堪えない。

30代は昔からだが・・

30代の横柄な客は昔から多い。仕事もできるようになってくる、し部下もいる。体も頭もよく動く。

「日本は俺が回している」位の勢いだ。

私的にはこの年代はこれでいいのではないかと思っている。そうでなければ国が元気にもならないだろうとも思う。

ただ残念なのは、昔より「幼稚」になっているのは間違いない。ホストの様な「コール」での一気飲みや、ゲーム(スマホやDS)をしながら飲んでいたり、ベロベロになった後輩を置いて帰ったり。お店の物を壊してもその後も音沙汰無いとか。(昔は飲んで騒いでも、お店に迷惑がかかったら上司が来ていたものである。今は激減している)

40代は昔よりかなり大人しい

ちょっと意外かもしれませんが、最近の40代の方々は昔から比べると大人しくなっている様な気がします。なんでようね。ちょうど仕事も家庭も大事な時期を迎えて、「酒を飲んで暴れる余裕すらない」と言うのはあると思います。

後は、ここ数年で各企業でも「コンプライアンス」が重視され、なんでも「〇〇ハラスメント」と言われてしまいます。それを管理しているのは30代ではなく、40代でしょう。

しかも50代になると先が見えているのか「そんなの関係ないんじゃい」という人が目立つ。40代は板挟みで「せめて自分がそういう事を起こさない様に」といているのも間違いなく大人しい動機になっていると思います。

スポンサードリンク

50代・60代が一番ひどい

今回声を大にして言いたいのは、最近の50代、60代はろくでもないのが多い!!もちろんちゃんとした人の割合の方が多いんですよ。・・いや。それも怪しいな。

まあとにかくヒドイ!

  • ・店員にタメグチなのは当たり前
  • ・さらに我が息子に命令するかの如く店員に上から命令
  • ・メニューにない物を造れと平気で言う
  • ・女の子の尻は平気で触る
  • ・「空」の領収書よこせと平気で言う
  • ・時間を守らない
  • ・物をすごく落とすし、箸やおしぼりを平気で持ってこさせる

彼らは未だバブル中なのだ・・今の日本の失速を招いたのはあなた達なのだ!

これが70代過ぎになってくるとまた全然違う。歳をとって体力が無くなっているからというのもあるとは思いますが、そうではないです。全然違います。+今の70代の方々は後半の方なら戦争の記憶が少しある人もおり、前半の方も「焼け野原の戦後」を知っている。

それに比べて・・50、60は右肩上がりしか見ていないのだ。なんでも自分の言うとおりになると思っている。

そんな横柄な50代、60代への対応方法を4位と5位に絡めて紹介する。

スポンサードリンク

4位 やたら自分の方が年上だからアピールをする・5位「俺は客だから」感がすごい

この二つ、50,60代の代名詞と言っても過言ではない。

この対処方法は、「何が起こっても平静を装い、完璧な仕事をする」だ。こういう客は冷たくしても文句を言ってくるし、乗ってあげるともちろん調子に乗り始める。

だから、終始感情の起伏無く、「愛想ねーな」と言われても、「すみません」とだけ切り返し、注文を取るタイミング、注文内容、飲み物のタイミング、食べ物のタイミング、灰皿、おしぼり、とり皿、完璧にこなし、こちらを呼ぶために「すいません」とも言わせない。

要は「あ、こいつには仕事(女性客なら家事)で勝てない」と思わせるという事。

この世代の人達は「縦社会」には非常に敏感だ。それを利用するのである。手前みそながら私は180席が1.5回転する程の店、客単価も5000円以上の現場で10年店長をさせてもらった。

年功序列で、ある程度与えられた仕事をこなしていただけのサラリーマンにはできない仕事をしてきた自負もあるし、実際実力もついた。この世代の人達は「力」には敏感で、途中から「あれ?」みたいな空気になってくる。

これで横柄な態度が治らなかったオジサン達はちょっと記憶にない。まあ、二度と来店しなくなってしまう事も多いが仕方ないだろう(そういう人達は無駄にプライドだけが高いから)

6位 「すいませーん」はでかい声で言えばいいと思っている 7位 呼び鈴を連打する

これも類似した問題だと思う。6位に関してはエスカレートしない限り言わないし、そもそも呼ばれている時点でプロの仕事では無い。「呼ばれない」というのが一番の解決方法。・・それでもすぐそこにいるのに「すいませ~ん」する人っていますけどね・・。そん時は諦めます。

呼び鈴連打は「一回注意」でその後も連打する場合、わざと遅れていきます。そうすると何が起こるかというと、連打している席を、他の席の皆さんが全員、黙っていても一斉にその席を見てくれます。「うるせーよ」と。

それをして収まらなかった事は無かったです。もっとも6位と一緒で「呼ばれない」がプロの仕事なので呼ばれてる時点で我々店員は反省しなければいけないです。

スポンサードリンク

8位 イスから落ちる位、のけぞって座っている

これは絶対注意しなければいけない訳でもないんですよね。この場合。従業員全員でずーーっと見つめます。

十分後、なおります。

9位 呼んだのに注文しない

これ、結構多いんですが、悪気をもってそんなことする人は、ほぼいなかったですね。こちらの到着が少し遅くて押した本人が話に熱中し始めていたり、「呼んでから決める」のが普通になってしまっている人が多かったですから、「いいタイミングでそこにいない自分が悪いと思え」と従業員に指導してました。

10位 女性の体を触りまくっている

これ、多いですねえ。特にカウンターの端っこになったりすると、多いですねえ。

そしてこれをするカップルに多いのは、美男美女では無く、極端にブサイクでも無く、至って凡庸な普通のカップルの方々が非常に多い。

次いで、同伴と見られる人達。これは・・ねえ。そういうものですからねえ。

はい、一応行きますよ。文言は

「すみません、触り過ぎっす」と女性のいる方じゃない側から男性の耳元にね。一時収まるも、結果的に一番改善されないのはこれだった。今でも日本のあちらこちらの飲食店でいちゃつくカップルがカウンター席を席巻している事でしょう。

まとめ

いつの時代もこういった事は起きますよね。

ま、自分に被害がなければ基本的に「可哀想な人だなあ」で終わらせましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*