知的障碍者が強制的に不妊治療を受けた。

そんなショッキングなニュースが飛び込んで来た。

宮城県の知的障害を持つ60代の女性が強制的に不妊手術を受けた事を示す記録が、情報開示請求によって見つかった。

彼女が15歳の時に手術を受けた事を記した「優生手術台帳」を宮城県が開示した。障害者の不妊手術の証言が公的文書で裏付けられるのは初めて。

続きを読む