主婦が文春にバレない密会の方法を読んでいる?世も末だな・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年に入ってもその威力は増すばかりの「文春砲」

文春にロックオンされたらどんな人物も逃げ切る事は出来ないのではと思わせる徹底調査と情報の裏どり。

その文春からをも逃れる指南書「文春にバレない密会の方法」が発売された。そしてその愛読者はなんと、巷の主婦たちだという。

スポンサードリンク

文春にバレ無い密会の方法・太田出版・【キン マサタカ】

なんとも人を食ったようなタイトルの書籍が販売されたものだ。

大物芸能人も軒並みスクープされている週刊文春。2017年に入ってもその勢いは増すばかりだ。そんな文春からをも逃れるすべを紹介しているという本書。

どうせ最近の文春ブームに乗っかった内容の薄っぺらいモンだろ・・と思っていたらかなり本格的に「密会の方法」について記してあった。

目次だけでも1章から4章まであり、全60項目にわたり冗談で書いているわけではなさそうだ。

と、いう事で購入してしまった。

「文春にバレない密会の方法」はユーモアも取り入れた本格的な「密会指南書」

人は皆、人生で1回や2回、密会をするものだ。私だって心当たりがあるし、皆さんだって・・。清廉潔白、死ぬまで隠し事なく生き抜はしないのだ!

本書を読むにあたって、妻への後ろめたさを払拭するために、よく分からない言い訳を自分に言い聞かせて読み始めた。

「密会のリスク」から始まる本書。

自分は不倫してますか?の問いには「している」と答える人は1割。

しかし、自分の周りで不倫を確認できているか?の問いに世間の答えは9割だという事を指摘する所から始まり、不倫を推奨する書籍ではないとしながら

「好むと好まざるにかかわらず、人生で1度や2度起こる密会の場面。その時あなたの身を守る事ができるのはあなた自身にかかっている」

といきなり確信を突いてきた。読み始める前に半ば冗談で思った事を鋭く射貫かれすっかり引き込まれてしまった。

スポンサードリンク

 

スマートに密会を続けている達人たちのノウハウ

本書ではこれまでそのテクニックによって、大きな過ちを起こした事がない「達人」の方々に話を聞いている。確かに私にとって「そんなの今まで考えた事ない」といった方法も記載されている。

あまりに多くを紹介してしまうとネタバレになってしまうので、「これは!」と思った項目を幾つか。

・待ち合わせは市役所の駐車場

・スマホの指紋認証は第一関節で

・子供のお稽古は「書道・そろばん」

など。市役所での待ち合わせというのは、慣れている人達ならばある程度思い付きそうだが、スマホの指紋認証を「関節で」というのは思いつかない人も多いだろう。

私の友人で指紋認証を「小指」でしていた奴がいて、ウトウトしている時に嫁が、人差し指、中指、薬指・・・と自分の指でロック解除している時に最後小指を触られた時に飛び起き、事なきを得た(その時点で十分怪しいのだが・・苦笑)と言っていたが、「関節」をロック解除の方法に使っているとは流石に思わないだろう。

さらには「お稽古事は、書道・そろばん」は・・気になったら本書を購入して読んでみて欲しい。「なるほどな」と唸ってしまう内容だ。

達人によるこのようなノウハウが60並んでおり、全部読み終わると「確かに徹底すれば大丈夫だな」と思わせる内容だった。

文春にバレない密会の方法の購入者は「主婦」

そんな密会指南書「文春にバレない密会の方法」の購入者はなんと、主婦と見られる女性が多いのだという。

秀逸な本のタイトルだ。キャッチ―な文字が目に入り、興味本位で買ってしまう事も多いと思われる。

が・・とある書店店員の話だと、手に取り方を見ていると明らかに本書を購入しに来たと見られる事の方が上回っているという。

皆さん、これです。

このままむき出しで置いておくことは無いと思いますが、この本を見つけてしまったら・・。

どうするかはあなた次第です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*