かっぱ寿司が食べ放題を開始!時間や値段は?その目的も探ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

回転寿司の老舗でもある「かっぱ寿司」(かっぱ寿司クリエイト)が、期間限定(6月13日から7月14日)ながら食べ放題をスタートさせた。都内近郊のかっぱ寿司では長蛇の列もみられ、反響は上々だ。

同業の回転寿司チェーンに押され気味の「かっぱ寿司」。食べ放題メニューが復興の手掛かりになるか?

かっぱ寿司、食べ放題の時間や値段設定は?

かっぱ寿司の食べ放題、時間設定は?

今回の食べ放題の時間設定は、平日14時~17時までのいわゆる「アイドルタイム」の時間帯

そして客の食べ放題時間は70分の設定である。

通常、食べ放題といえば短くても90分や、120分の設定が多い中70分の時間設定をしている。

短いように感じるが、焼き肉などと違い、入ってすぐ商品を手に取れる回転寿司という事を考えれば十分な時間ではないか。

 

 

かっぱ寿司の食べ放題、値段設定は?

さて気になる食べ放題の値段設定である。男性は1580円(税別)、女性は1380円、小学生は780円。65歳以上のシルバー層は980円

そして!!なんとなんと小学生未満は無料である!

これは幼稚園児を持つママ達にはたまらないだろう。かっぱ寿司、太っ腹である。

もちろん、手に取った皿の寿司を残した場合は実費。

シャリを残した場合も30円の料金がかかるが、これは当然であろう。

客も節度を守って利用してほしいものだ。

かっぱ寿司食べ放題の実施店舗

このインパクトのある食べ放題はやはり、試験的な意味合いもあるであろうと思われ、

実施店舗は全国およそ350店舗中20店舗

詳しくはかっぱ寿司 (6月13日から7月14日)のホームページの掲載されています。

お近くに店舗がある方は足を運んでみたらいかがでしょうか。

スポンサードリンク

かっぱ寿司が食べ放題を開始した原因と目的は?

原因は業界ならではの高原価。客数の確保が目的か。

回転寿司業界でも「初」。かっぱ寿司が食べ放題を開始した原因と目的は何なのか?回転寿司業界を探ってみた。

飲食業界の中でも寿司は原価率がなんと50%と言われている。

客単価を上げないと利益が出ないビジネスの1つなのである。

その他の飲食業の原価率は一般的(もちろん各店舗事の経営の仕方による)に次の表位だと言われている。

  • 中華   20~25%前後
  • カフェ  25~33%前後
  • ラーメン店30~33%前後
  • 居酒屋  28~35%前後
  • 高級イタリアン・フレンチ 38~45%前後

かっぱ寿司の2017年における原価率は49%だった。その他の同業大手も40%は軽く超えてくる。

飲食店他業種であれば「焼く」「煮る」「炒める」などに使用する原料に比べ、

「生もの」を主力商品にしている分、原料が日持ちしないし、させられない。

調理し、流用できるメニューも少ない。自然に原価が高くなる。

そうなると回転寿司の場合、「客数」を確保する以外方法は無い。

かっぱ寿司もアイドルタイムの食べ放題を開始し、1人でも多くの人に利用してもらいたい目的があるのでしょう。

目的である客数の増加をキープできるか?

かっぱ寿司の食べ放題を実施している店舗への反響は大きく、14時~17時に満席になるのも珍しくはないとの事。

後は原価と、人員の確保。中々ハードルは高いが、許容範囲内に収まれば、かっぱ寿司は食べ放題を多くの店舗で展開し、客数を伸ばす起爆剤となるだろう。

まとめ

かっぱ寿司が提供する食べ放題、客側として見れば非常にありがたいシステムであるのは間違いない。

積極的に利用し、お店側にも利益をもたらされれば、それは私達客側にも還元されるはずである。

このかっぱ寿司のチャレンジを1度はリアルタイムで見てみたい。近日中に行こうと思います!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*