水道から下水が!?足立区内27世帯で発生。原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なんと水道の蛇口から、下水処理水が。

東京都足立区で2017年9月10日に下水処理水が上水道管に流れ込んだ。足立区の住民が濁りのある水に気付き、さらには臭いもあったという。

前代未聞の下水混入は何故起こったのか?

スポンサードリンク

東京都が12日に発表・10日の発生後、即、浄化作業

東京都は12日、下水処理水が上水道管に流れ込み、足立区内の住宅の蛇口から濁りと異臭のある水が出る事故があったと発表。足立区中川5丁目の住民が10日午後、「水が臭い」と通報し、都はこの住民宅の水道水に異臭と濁りがあるのを確認した。

東京都水道局施設の改修が原因とされており、最大で約30世帯に影響があった。都が把握している限りでは、下水処理水の上水道への混入事故は全国でも例がないという。

東京都は即座に水道の浄化作業を開始、継続し、11日の夜には水質は改善された。

改修工事中に違法工事

都の調査の結果によると、近くにある建設残土のリサイクル施設「中川水再生センター」で使われている下水と上水の配管が誤った方法で接続されていたことが分かった。この工事は2012年時に行われており、普段は下水処理のバルブは閉めてあった。

しかし今回、10日午前の清掃でこのバルブを開けたため、周辺の世帯に下水を処理したあとの水が上水道に逆流してしまったという。

都が委託してい会社から聞き取りをした所、以前、この施設でトイレの改修工事をした際、洗浄する水の量を確保しようと、当時の作業員が勝手に配管を変更していたとい言っている。

27世帯のうち2世帯がこの水を飲んだり、米を炊いたりしていたという事ですが、今のところ健康被害は確認されていないとしている。

しかし下水にはおびただしい菌が含まれている。食中毒を引き起こす菌の中には、潜伏時間が長いものも少なくない。

スポンサードリンク

菌による食中毒症状に注意したい

油断せず、7日~14日程は意識して用心し、症状が出た時には慌てず対処できるように呼びかけておきたい所だ。

都は「塩素消毒した水なので安全性は問題ない」とし「近隣のみなさまにご不便とご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます」と陳謝し、ほかにも同じような配管が行われていないか点検をしている。

というが、すこし楽観し過ぎなのでは?と思ってしまう。し「塩素消毒した水が(ドブ臭い)事」はあるのだろうか?先日埼玉で起こったo-157の集団感染が記憶に新しい所。実はまだ感染経路は確定されないまま・・。

今回は明らかに「下水」を使用しているのだ。

消毒してある水・・本当だろうか?本当だとしても、本当に人体への影響はないのだろうか?重々、細心の注意を払って検査、調査をしてほしいものだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ぴーよこ より:

    第3次処理水だとo(`^´*)
    違うだろ!ハゲェー。
    間違いなく川の水だろ。
    第一通報者のあたしが言うんだからまちがいないよ!

    1. akirakuga より:

      ぴーよこさん、コメントありがとうございます。
      真偽の程は、然るべき機関が調べるべきだとは思いますが、
      なんだか都合のいい回答だなあと思ってはいたのです。
      ちゃんと調べで欲しいものですね。

      1. ぴーよこ より:

        返信ありがとうございます。
        心の声を聞いていただきありがとうございました。

コメントを残す

*