スポーツ

山中慎介セコンド、タオル投入のトレーナー・過去にも辛い経験「責められない」【山中慎介選手記者会見にて】

8月15日WBC世界バンタム級タイトルマッチで、日本記録に並ぶ13度目の防衛を逃した山中慎介選手(34)。

1夜明けた16日、京都都内のホテルで記者会見を開き、進退については「すぐ(結論を)出せないです。もう少し考えさせてください」と語った。

また、4Rという早い回でのタオル投入が物議を醸している事に関して「トレーナーを責める事も無い」とした。

実はこの日セコンドについた大和トレーナは、過去に辛い経験をしており、山中選手もそれを共有しているのだ。

出典:wikipedia

続きを読む

中沢樹希也が2打席連続ホームラン!(青森山田高校)【球歴紹介】

2017年8月14日、甲子園大会7日目49都道府県の代表、最後に登場した青森山田高校。彦根東との3回戦。

青森山田高校の中澤樹希也君が2打席連続ホームラン!

現代っ子とは思えぬ立派な体躯の中澤君の球歴は?

関係者様へ。ニュースジャパンは各分野で、真摯に取り組んでいる方を応援しています!本人のプライバシーや著作権を侵害する意図は一切ありません。特に未成年の皆様の情報には細心の注意を払っておりますが、問題がある場合、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。即、善処致します。

続きを読む

ミギータ・真砂。ホームランがプロ初安打!2017年後半戦ブレイクか!?

8月3日オリックス対ソフトバンク戦。

ソフトバンク3点リードの5回。ソフトバンク真砂勇介がオリックス山崎福の初球を叩いた。打球は右中間へスタンドイン。逆方向へ放り込んだ。

まだまだ聞き慣れない真砂の名前だが、コアな野球ファンの間では

柳田並みに飛ばすと有名、「ミギータ」と呼ばれている。2017年後半戦、ブレイク必至の彼のこれまでの経歴は?

出典:野球まとめで

続きを読む

渋谷盆踊りで東京五輪音頭・動画を公開【動画あり】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会

 1963年に制作された「東京五輪音頭」(作詞・宮田隆、作曲・古賀政男)を大幅にリメイクした「東京五輪音頭―2020―」のミュージックビデオを東京五輪・パラリンピック組織委員会が公開した。

故三波春夫さんが歌った当時のレコード売上は250万枚という爆発的な売上を誇った。

今回の出来はいかに?

続きを読む

楽天・梨田監督。勝利の方程式はどこから生まれているのだろう?

2017年プロ野球ペナントレース。

大方の予想に反して東北楽天ゴールデンイーグルスが8/3現在もソフトバンクホークスと激しい首位争いを見せている。

その原動力となっているのは、選手の活躍はもちろん、それを引き出している梨田監督の手腕によるものであるのは間違いないだろう。近鉄、日本ハムでも優勝経験がある梨田監督の手腕について考えてみた。

続きを読む

本田(パチューカ)の初戦。テレビ放送はあるか?ビジネスマン本田の腕の見せ所だ。

先月の7月14日、パチューカ(メキシコ)への移籍が決まった本田圭佑選手。

今回、本田には移籍金がかかっていない為、年俸は一年契約で400万ドル(約4億5000万)に達する見込み。

ミラン時代(約7億円)からはダウンとなるが、十分な金額だろう。

その本田の注目の初戦は8月23日のUNAM戦と見られている。

その試合、日本では放送されるのだろうか?本田自身が放映権の獲得に名乗りを上げている現在。日本国民にとっては気になる所だろう。

出典:pintresut

続きを読む

清宮はアメリカの大学へ行けば良いのでは?NCAAで揉まれるも、彼のペースでやれるのでは?

7月30日(日)、神宮球場で行われた甲子園大会、西東京予選決勝。

東海大菅生対早稲田実業は6対2で東海大菅生高校が17年ぶり三度目の優勝を飾った。

清宮幸太郎君が主将を務め、彼の高校通算本塁打の記録も通目を集めたが、惜しくも敗れる結果になってしまった。

敗退後のインタビューは涙も見せたが、精一杯やり切った男の、清々しい印象の立派なインタビューであった。

こうなってくると俄然、注目を浴びる彼の進路。

「プロ」か「早稲田」か・・。桑田真澄氏、斎藤佑樹選手を思い浮かべてしまう筆者。

苦い経験、選択になって欲しくはない。そうだ!選択肢がもう一つあるではないか。

続きを読む

スズキ浜松ACコーチ、里内正幸のプロフィールや経歴、現在のコーチングは?

3月の名古屋ウィメンズマラソン。初マラソン日本最高記録、日本歴代でも4位に入る2時間21分36秒を記録し、2位に入ったのが安藤友香(スズキ浜松AC)選手。

ゴール後に「とんでもないルーキーが現れました!」実況が興奮気味に叫ぶ。

 そのレース、解説の高橋尚子さん(シドニー五輪マラソン金メダリスト)も、大絶賛。

「彼女にとって、人生を変える一本になると思います。初マラソンで初めての速さ、距離を体験したにもかかわらず、このタイムを叩きだした。それを考えれば、彼女は末恐ろしいです」と解説した。

独特の「忍者走り」と呼ばれる彼女の走法。元々はオーソドックスな走りだった彼女。現在の走法に至った後ろには里内正幸コーチの存在があった。

続きを読む