草加・刺した犯人の少年、徐々に供述。刺された16歳男子が死亡。一緒にいた女子も刺され怪我。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年9月3日、埼玉県草加市で16歳の男子とその彼女と見られる2人が刺されるという事件が起きた。

男子は死亡。彼女と見られる女子も刺され怪我をしている。

犯人はこの二人を知る人間とされ、男女間のトラブルが原因とみられている。

追記:翌9月4日、二人の共通の知人である男子高校生15歳の身柄を拘束。取り調べに対し徐々に供述をしている。

スポンサードリンク

日曜日の深夜に「妹と妹の彼氏が刺された」と通報が入る

9月3日、23時45ごろ、埼玉県草加市旭町のアパートで「妹と妹の彼氏が刺された」との通報が警察に入った。

現場から、16歳の少年が病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。交際相手の少女もけがをしている。

事件を起こした15歳の男子高校生は翌9月4日、警察に身柄を確保されている。

警察は男女間のトラブルとみて、15歳の男子高校生を取り調べ、事情を聴いている。

新学期早々。夏休み中に火種が発生か?

夏休みも明け、8月末から9月頭にかけて全国で続々と新学期を迎えた直後の事件。埼玉県も7月下旬から8月の31日まで1カ月を超える夏休みを経ての新学期。夏休み中に男女らの関係性に変化があった事も考えられる。

犯人の男子高校生と被害者に女子高生は以前交際。常習的に暴力があった模様。

怪我をした少女と、逮捕された少年は、県内の同じ県立高校に通う先輩と後輩の間柄であり、以前交際をしていたという。以前交際していた女子高生と、現在の交際相手である刺された男子高校生。

警察によると、事件当時三人は交際を巡って話し合いの場を作っており、少年が女子高生にフラれた事に腹を立て犯行に及んだと見ている。

以前の交際中、女子高生が他の男性と一緒にいる所を見つけると、少年が手を出している様子も目撃されており、その当時から女子高生は「別れたい」と悩んでいたという。

そこへ来ての話し合いの中で、男子高校生が激高してしまったのだろう。

犯人の男子高校生の供述

「2人を殺そうと思い刺した事は間違いない」

2人を刺した三郷市在住の男子高校生は警察の供述に対し、はっきりとこう述べたという。

刺した高校生に対しても

「彼女を取ろうとしたので殺そうと思った」

女子高生については

「私を裏切ったので殺そうと思った」

とも語っており、明確な殺意があった事を認めている。さらに新たな情報が入り次第、お伝えします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*