共謀罪

正式名称は「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」。

前身を共謀罪と言い、以前の法案にあった「組織的犯罪集団」という概念についての解釈を明文化し、対象となる犯罪を677から277に減らして、現在のものとなった。

その共謀罪制定が物議を起こしている。その問題点とは。

 

続きを読む