渋谷盆踊りで東京五輪音頭・動画を公開【動画あり】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 1963年に制作された「東京五輪音頭」(作詞・宮田隆、作曲・古賀政男)を大幅にリメイクした「東京五輪音頭―2020―」のミュージックビデオを東京五輪・パラリンピック組織委員会が公開した。

故三波春夫さんが歌った当時のレコード売上は250万枚という爆発的な売上を誇った。

今回の出来はいかに?

スポンサードリンク

7/24日に行われた制作発表会にはの加山雄三、石川さゆり、竹原ピストル、フリーアナウンサーの古館伊知郎(敬称略)らが出演。

これまでの曲は4番までだったが、五輪とパラリンピックをまとめた5番を新たに追加した。同局は2013年9月、東京五輪の招致が決定して以来、じわじわと注目を集め、音楽配信サイトなどでもダウンロード数が伸びている。

一部歌詞の変更をし、発表となった。歌詞全文を把握してから動画をご覧になると、曲が入ってきやすいのではないだろうか?

1番

ハア~

リオデジャネイロで ながめた月が

きょうは 都(みやこの) 空照らす

四年たったら また会いましょと

かたい約束 夢じゃない

ヨイショ コリャ 夢じゃない

オリンピックの 顔と顔

ソレト トント トトント 顔と顔

2番

ハア~

待ちに待ってた 世界の祭り

西の国から 東から

北の空から 南の海も

越えて日本へ どんときた

ヨイショ コリャ どんときた

パラリンピックの 晴れ姿

ソレト トント トトント 晴れ姿

3番

ハア~

色もうれしや 数えりゃ五つ

仰ぐ旗みりゃ はずむ胸

すがた形は 違っていても

いずれおとらぬ 若い花

ヨイショ コリャ 若い花

オリンピックの 庭に咲く

ソレト トント トトント 庭に咲く

4番

ハア~

きみがはやせば 私はおどる

入道雲の 夏の空

羽をそろえて 拍手の音に

リズム合わせる 蝉の声

ヨイショ コリャ 蝉の声

パラリンピックの 今日の歌

ソレト トント トトント 今日の歌

5番

ハア~

2020年 命の盛り

きょうという日は きょうかぎり

きみとあしたも また会える様に

交わす言葉は ありがとう

ヨイショ コリャ ありがとう

オリンピックとパラリンピック

ソレト トント トトント TOKYOで

汗に涙に 2020(ふれふれ)

ソレトトント トトント 2020(ふれふれ)

出典:youtube

石川さゆりさん、加山雄三さんの歌声は昭和の三波春夫さんを直接知っているだけあってか、昭和の感じが出てますねえ。「音頭」っぽくて自分の幼少期の縁日なんかも思い出すような・・素敵です。

現代の応援歌に盆踊りってどうかなと思っていたんですが、なかなかどうして。

振り付けも「ダサカッコいい」と思います!

そうですよね、こういう応援歌って、今の音楽シーンで最先端の音を作り出す皆さんがつくってもそれはそれでいいんですが、今回の様に、幼稚園の子たちも踊れるような振り付けで、家族で楽しむ方がいいなって。

オリンピックって平和のための大会ですもん。

な~んも忘れて楽しめばそれでいいのだ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*