整形で宇宙人【画像あり】に!?ヴィニー・オーさんの整形遍歴。【世界仰天ニュース】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

7月25日(火)21:00~放送の「ザ・世界仰天ニュース」で宇宙人になる事を目的とした整形手術を100回以上も繰り返しているヴィニーオーさんを紹介。

彼はどういった経緯でそういった思いを持ち、どう進化し、この先はどこを目指すのか?彼の整形遍歴をたどりながら見て見よう。

スポンサードリンク

整形のきっかけ

出典:exciteニュース

ヴィニーさんの職業はメイクアップアーティスト。

そして元々の彼は整形する必要が無い程の美形なのだ。

そんなヴィニーさんだが、「自分が男性でも女性でも無い姿に変貌したい」という願望をもっていた。

メイクや美容師、ファッションデザイナーなどはいわゆる「オネエ」と言われる人達の割合が他業種に比べ非常に高い。今風にいうと「ジェンダーレス」になるだろうか。

「美」に対してのアプローチが多様であり、「男」だからとか「女」だからとかではなく、そのもの自体が美しいかどうかで判断する。だからこそ斬新な発想が生まれるし、新しいファッションも生まれるのでそういった皆さんが活躍するのも不思議ではない。

ヴィニーさんもその一人で、彼の場合は「男でも女でもない美の対象」がエイリアンだったのだろう。

徐々に顔や体に整形手術を施していく。

出典:カラパイア

まずは17歳の時、唇をふっくらとさせる所から始まった。

出典:カラパイア

次には鼻を2回、頬を数回、眉骨を盛りあがらせた。

ヴィニーさんは、エイリアンに変身していくこうしたプロセスそのものが、自分の内面の感情を映し出しているのだと主張する。

「一般的な性同一障害とも違うと、子供の頃から思っていました」とも語っている。

出典:MOGU2NEWS

スポンサードリンク

最近の彼の姿である。

ここまでに数百万円を超える費用をかけているが、この先も2000万以上をかけて

乳首、性器、腹の形の整形手術も行う予定だという。

目指すは「グレイ」なんだろう。

人間離れしたヴィニーさん。人々の反応も様々だ。

自分の内面を偽ることなく、その意思通りに形作った外見を称賛する声もあれば、もちろん、誹謗中傷、暴言、中には直接暴力を振るわれた事もあるとの事。

出典:SECRET TALK

この現象をどう捉えるべきなのであろうかと考えたが、ある種単純ではと思った。

誰もが若かりし頃に抱える、あり余ったエネルギーや、どうしようもない葛藤などの発散のはけ口がヴィニーさんにとっては「アート」の世界だった。そしてその中でもマイノリティーな表現の方法だった。

ヴィニーさんはキャンパスに絵を描く事でもなく、彫刻をし造形美で表現するでもなく。自分の体をアートの対象にした。それが賛否を呼んでいる。

という事では?

そして、芸術というのはその絵描きの死後、称賛されたりもするもの。時代の先を行くのが芸術家の務めの様なところもある。ヴィニーさんに時代が追いついていないだけ。そう思えば、それほど不思議な事ではないだろう。

他人に直接迷惑をかけているわけではないわけだし、温かく見守ってあげようではないか。

でも・・夜道であったら心臓止まって他人に迷惑かかるかもしれませんね。苦笑

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*