桜井聖哉容疑者の顔画像・菅原佳祐容疑者と共に複数の強盗。63歳の男性は死亡。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

12月6日、さいたま市の路上で、61歳の男性を強盗目的で狙い、背後から金属バットで数回殴り、重傷を負わせた事件。

埼玉県警は桜井聖哉容疑者(22)と菅原佳祐容疑者(22)を12月20日に送検した。

この他にも4件の強盗を認めており、その内、志木市で起こした強盗では63歳の男性が死亡している。

スポンサードリンク

桜井聖哉容疑者(22)・菅原佳祐容疑者(22)。共謀し複数の強盗事件の疑い

12月20日の朝に送検された桜井聖哉容疑者と菅原佳祐容疑者は今月、帰宅途中の61歳の男性をバットで殴り大ケガをさせ、金を奪おうとした疑いが持たれている他、周辺で起こった複数の強盗事件への関与も捜査対象をなっていた。

これに対し、2人は容疑を認め、志木市で男性がバットで殴られ死亡した事件についても関与を認めている。また2人が「他にも複数やった」と供述していることがわかった。

20日現在までの供述だけでも、周辺で起きた4件の強盗に関与していた事を認め、全ての犯行に金属バットを使い殴打をしたと話している。

桜井聖哉容疑者(22)・菅原佳祐容疑者(22)が襲った63歳の男性が死亡

4件のうち志木市で起こした強盗。

被害者は志木市のタクシー会社勤務の63歳の男性。12月6日の午前5時頃の出勤中に、背後から桜井容疑者に金属バットで襲われ出血。

通行人が倒れている男性を発見し110番通報したが、警官が駆けつけた時には男性の姿が無く自力で自宅に帰ったとみられ、その自宅で亡くなっているのが発見された。

スポンサードリンク

桜井聖哉容疑者(22)・菅原佳祐容疑者(22)の強盗容疑4件

12月6日。深夜0時40分頃。さいたま市の路上で61歳の男性を背後から金属バットで襲い、全治2カ月の重傷を負わせる。金品の強奪は無し。

12月6日。午前2時、さいたま市の路上で72歳の男性を背後から金属バットで襲い、バックを奪い逃走。

12月6日。午前5時、志木市で出勤中のタクシー会社勤務の63歳男性を背後から金属バットで襲いバックを奪い逃走。後に男性の死亡が確認される。

12月9日。23時過ぎ。さいたま市の路上で33歳の男性を背後から金属バットで襲い部骸骨骨折、顔面も攻撃され意識不明の重体。金品の強奪は無し。

桜井聖哉容疑者(22)・菅原佳祐容疑者(22)。金目当ての犯行か。

4人もの罪なき人を背後から襲い怪我を負わせる凶行。

金銭的被害がないものも2件。桜井容疑者は現在無職。現在取り調べが続いているが金目当ての犯行とみられる。

あまりにも自分本位な行動であり、相応の求刑がもとめられる。

強盗致死傷罪

(ごうとうちししょうざい)は刑法240条で定められた罪。「強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。」と規定されている。236条の強盗罪の加重類型である。未遂も処罰される

出典:wikipedia

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*