プロポーズ転落死・ふざけて柵を越え落下。酒も飲んでいたという

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年9月4日の深夜。

男性が女性にプロポーズをし、成功。

しかしそこは橋の上。感極まった男性は橋の欄干を飛び越え、橋の縁に。

その際、足を滑らせ落下。溺死した。

場所はインスタ映えすると有名な伊良部大橋だった。

スポンサードリンク

当時男性は酒を飲んでたという

警察によると3日の深夜、宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」の中央付近で交際中の女性にプロポーズをした32歳の介護士の男性が、プロポーズの後、30メートル下の海に転落。

海上保安庁のダイバーが捜索するも、7時間後の朝7時頃、海底に沈んでいる男性を発見、引き上げたが死亡が確認された。男性は当時、酒を飲んだ後だったという。

喜びのあまり欄干を飛び越え・・・

男性は3日の夜の内に橋の上に車を止め、同僚の女性にプロポーズをし、承諾をもらい、嬉しさのあまりふざけて橋の欄干を乗り越えたとされている。男性は市内に勤めており、この橋に関してもよく知っていたのと思われるが、喜びが爆発したのだろう。

そして深夜という事もあり、ライトアップしているとはいえ、昼間に比べると距離感も掴みづらい。

さらに酒を飲んでいたとなると欄干の向こうはそんなに幅がある所ではないし、履物もビーチサンダルなどであれば落下は充分考えられたはずだ。

なんとも居た堪れない。

スポンサードリンク

伊良部大橋は問題の場所でもあった

最近、伊良部大橋は「インスタ映えする」と、観光客や地元の人達にも有名な「観光スポット」になっていた。

しかし問題も起きており、伊良部大橋は本来、交通の為にある橋であり、観光や写真を撮るためにつくられた橋では無い。

では、写真を撮る人達はどうするか。車で途中まで行き駐車、車から降り信号も無い所で道路の真ん中まで出て行き写真を撮るのである。完全な交通違反であり、こうした状況が問題視されていた。

そういった空気感がある橋だけに今回もプロポーズの場所に選んだのかもしれない。

なんにせよ、ふざけ過ぎは良くない・・。

が、そんな事よりも残された女性が可哀想だ。

時の流れと共に立ち直っていけばいいと思うが・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*