オーストラリアに初勝利・ワールドカップ出場が決定!試合内容を統括。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年8月31日

埼玉スタジアムで行われたアジア最終予選日本代表対オーストラリア戦。

前日のサウジアラビア対UAE戦。UAEが勝ったことにより、この試合、日本が勝てばワールドカップ出場が決定する状態になった。しかし負けると一転ワールドカップ出場を逃す可能性も出てくる大一番。

日本代表は浅野のゴールなどで勝利。6大会連続のワールドカップ出場を手にした。

スポンサードリンク

オーストラリアとの最終予選の対戦成績は0勝2分5負で勝率0%

もはやアジアの雄、アジアでは敵なしのイメージが強いサッカー日本代表ですが、2006年、それまでワールドカップ予選では様々な状態(地域)で戦って来たオーストラリアがAFC・アジアサッカー連盟に参加。

アジア予選にオーストラリアが参戦してから日本代表の対戦成績はなんと0勝2分5敗で一度も勝利できていない。

元々オーストラリアはアジア以外の地域での戦いが多い国。中米、南米、ヨーロッパなどFIFAランキング上位の国と地理的不利を抱えながら挑みかかって来た歴史があるオーストラリア。

世界のフットボールを語る時にオーストラリアの名が挙がってくる事は少なかった。しかし水面下でオーストラリアは牙を研ぎ続けており、アジア地区に参加するや否や一瞬にして「アジア最強」とも言えるチームに踊り出た。

はっきり言えば日本にとって「格上」のチームだ。今回の大一番はそのオーストラリアに勝たなければいけないのだ。そんな日本代表の先発メンバーは。

オーストラリア戦の先発は活きの良い顔ぶれ

この大一番、ハリルホリッジ監督はおそらく、現在コンディションがいいメンバーを先発に起用してきた。

この辺りは素晴らしい。

「結果を出している選手から」

「状態のいい選手を使う」

といって、無難なラインナップに終始する監督が多い中、有言実行。勇気のあるスターティングラインナップだ。

ワントップに 「大迫」

攻撃的ミッドフィルダーには 左「乾」右「浅野」

守備的ミッドフィルダーには 左「井手口」右「山口蛍」

中盤の底にはケガからの復帰で間に合った長谷部。

勢いのある若手の前線のそこに安定感のある長谷部を置いて、バランスをとり、肩のケガがまだ著しくないと見られる香川、パチューカに移籍し、ようやっと出場し始めた本田はコンディションの状態も考えたのか、思い切ってベンチスタート。

後ろを守る守備陣は

左「長友」センターバック左「昌子」センターバック右「吉田」右「酒井宏」

守備陣は経験値の高い選手の中に、フィジカルの強さで頭角を現してきている昌子を入れてきた。

安定感を重視。前線は勢い。後ろは堅実なスターティングメンバーになったのではないか。

スポンサードリンク

前半は積極的な守備で日本がペースを掴む

試合開始。序盤、日本代表はFWの大迫や、浅野、乾が積極的に前線からプレッシャーを掛け、どちらかというと日本のペースで進む。

前半20分までにコーナーキックも2本獲得し、この日キッカーを任されていた井手口のコーナーキックも冴え、良いボールが入っている。

前半22分にはFW大迫が強烈なミドル。キーパーの手を弾くほどのシュートを放つ。

前半半分を終わった時点でシュート数も日本4-1オーストラリアで日本が主導権をもって試合をすすめる。

30分以降はオーストラリアのカウンターも警戒し膠着状態

お互いに決め手が無く、徐々に試合は落ち着いていく。

カウンターを狙ってくるのが得意なオーストラリア。

そのあたりは、日本代表も重々承知。

ホームゲームで前かがりになりそうなところ、選手たちは積極的にボールにアプローチする所と、引いて待つ所をしっかりと使い分け試合は膠着状態に。

前半35分、長友のクロスから大迫が頭で合わせるが届かず。

前半37分にはオーストラリア7番のレッティのシュートがDFの足に当たりコースが変わりGK川島も届かずゴールか!?の場面もポストに弾かれポストに救われた。

このあたりから試合は再び動きが出てきた。その直後。

スポンサードリンク

前半40分長友からのアシストで浅野が先制ゴール

膠着状態を打ち破ったのは浅野のゴールだった。

前半40分長友からのクロスを浅野が左足で先制ゴール。右サイドでボールを持った長友。これまで何度も長友のクロスから得点を奪って来た日本代表。長友が少しだけ中に入って来た瞬間、浅野がそのスピードを活かし、DFの裏に飛び出しこれぞ「ドンピシャ」とも言えるクロスに浅野が合わせて先制した。

オーストラリアのディフェンダーは誰一人反応出来ない程の芸術的クロス。タイミング、スピード、放り込まれた位置。完璧といえるアシストと浅野の飛び出しだった。

その勢いを保ち、さらに浅野のミドルシュート、大迫のシュートで畳みかけ、完全に日本代表のペースに持ち込んだ。前半はそのままリードを保ち、日本1-0オーストラリアで折り返した。

後半序盤も落ち着いた立ち上がり

迎えた後半。前半の40分以降一気に試合が大きく動き、後半の立ち上がりが注目されるところ。

日本代表は前半と同じく前線からのプレッシャーをかけながら、無難な後半戦の入り。

しかし、先制された後半のオーストラリアは前線から積極的にプレッシャーを掛けてくる。

ポジショニングにも動きを入れながら自分達から動き出してきた。

しかし、日本代表は落ち着いていた。一つ一つのプレーに「そつ」が無く、オーストラリアの攻撃の芽を摘んでいくと、後半7分過ぎたあたりからは日本が攻め込む場面が増える。

後半11分にはカウンターから乾がドリブルで勝負をかけシュートまで持ち込みCKを獲得するなど盛り返す。

そして時間が経過するに従い、前半と同じように段々と試合は落ち着いていった。

後半中盤に差し掛かるも落ちない前線の運動量

試合が安定していたのは前線の選手。

大迫から始まり、乾、井出口、浅野、山口の運動量が後半に入っても全く衰えることなく、献身的に前線からのプレッシャーをかけ続けた事が大きい。

後半18分にはコーナーキックを蹴った井手口が、カウンターに対し自分のゴール前まで全力疾走し対応するなど、オーストラリアの攻撃の芽を摘み続けた。

後半25分・オーストラリアはケーヒルを投入

後半の25分にはオーストラリアの英雄、日本代表も苦い思いをさせられているケーヒルを投入してきた。

投入後のコーナーキック。混戦の中、いきなりケーヒルの前にボールがこぼれてくるなど、一瞬嫌な空気が流れる

も日本は泥臭くも映る、体を張ったプレーでこの時間を乗り切った。

後半29分・日本は原口元気を投入

後半29分、今度は日本代表が原口を投入。乾に代えての投入で試合運びに大きな変更はない。

するとその原口にボールがでる。左サイドを駆け上がりクロスを上げると、ボールはフリーの井手口に。

井手口は狭いシュートコース、右足を振りぬくがキーパー正面だった。

しかし、このワンプレーで「ケーヒル投入」の流れは完全に途切れ、意味のある投入になった。

スポンサードリンク

後半36分の井手口のゴールで2-0に。勝利へさらに前進する

するとその原口が前線から泥臭くプレッシャーをかけボールを奪う。そして、その泥臭く奪ったボールはこの日一番走り回ったのではないかと思われる井手口の足元へ。

左から中に切れ込んだ井手口が右足を一閃!

ゴール右隅に突き刺さる追加点で2-0にリードを広げた。懸命に、泥臭く、何が何でも勝つという意思が見えていた今日の日本代表。井手口がゴールしたのは偶然では無く必然のゴールに思えた。

オーストラリアに初勝利!6大会連続ワールドカップ出場を決める

浅野、井手口のゴールで2点奪取した日本代表が日本2-0オーストラリア

オーストラリアに初勝利でワールドカップ出場を決めた。

日本代表はこれで6大会連続でワールドカップに出場。

一度も勝ったことがないオーストラリアに勝った事で文句なし、アジアの盟主として堂々の出場を決めたと言っていいのではないか?

おめでとうサッカー日本代表!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*