岡田結実は反対の別居。(敬称略)離婚したとしても、愛のある両親を信じて、我が道を進んで欲しい・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

8月も終わりを告げようとしていた時、女性自身の取材で夫婦の別居を認めた「ますだおかだ」の岡田圭右(48)さん。

マンションから出てきた岡田さんを直撃した女性自身に別居の事実も認めながら、しっかりと対応した岡田さん。

コメントの内容も普段の芸風とは違い?(失礼!)立派そのもの。

「子供たちが一番大事」と答えた岡田さん。おそらく奥様もこの部分に関しては同意見なはず。「夫婦間」は縺れても、子供への愛は両者変わらないものだ。その愛を受け止めて、娘は真っすぐ我が道を進めばいい・・。

スポンサードリンク

妻・岡田祐佳さんの芸能界復帰願望が原因か?

女性自身の

「半年前から家をでてご家族と別居されていると聞いていますが?」

の質問に、一瞬間を置くも

「ワオッ!バレましたか?・・あの・・なんで、バレてしまったんでしょうか」

と明るく応じたという。

そして

「子供たちの前で喧嘩をみせるわけにはいきません」と別居の理由を語り、

2018年の4月、元お笑いコンビ「-4℃」で芸能活動をしていた、夫人の祐佳夫人が日本テレビ系の「メレンゲの気持ち」に娘の結実さんと共演した際に、結婚後も芸能界に未練があったと告白していた。

今回の別居はこの妻の芸能界復帰に関する部分が大きい模様。

圭右さんは

「その事でエキサイトして喧嘩になってしまうんですよね。私たちは色々と状況が変わりました。娘がこんなにブレークするとは考えていませんでしたしね。今後の人生の考え方で、夫婦に摩擦が生じたのだと思います。」

と語っている。

とにかく子供が第一

「離婚するとなってもお子さんが成人された後?」の問いには

「そうですね。子供たちがいちばん大事ですから……。先のことは、子供たちが大人になって家を出てから考えます。でもまあ、この先どうなるか、きちんと話し合って、よい方向に進めばいいなとは思っています」

と語っている。

普段テレビで見るふざけきった岡田さんからは想像できない真摯な回答である。

しかし、以前から岡田さんは父としては厳格な父である事を娘の結実さんもテレビで語っていることが多く、これが「真の岡田圭右」なのかもしれない。

両親の子供への愛は変わらない

2017年8月29日午前03:00現在、妻の祐佳さんのコメントは公表されていないが、番組に親子そろって出演する程仲がいい、娘の結実さんへの愛は不変であろう。

その結実さんはもちろん、別居には反対しているという。当然と言えば当然だろう。

歳を重ねた「他人」である「夫婦」・・。

現在日本では3組に1組が離婚する社会。珍しい事では無いのだ。その離婚した父と母とて、我が娘、我が息子が憎くて離婚する親はごくごくわずか。

自分の子供への愛は変わらないのだ。

その愛を感じる事ができれば、結実さんはこれからも真っすぐ進めるだろう。そうあって欲しいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*