中沢樹希也が2打席連続ホームラン!(青森山田高校)【球歴紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年8月14日、甲子園大会7日目49都道府県の代表、最後に登場した青森山田高校。彦根東との3回戦。

青森山田高校の中澤樹希也君が2打席連続ホームラン!

現代っ子とは思えぬ立派な体躯の中澤君の球歴は?

関係者様へ。ニュースジャパンは各分野で、真摯に取り組んでいる方を応援しています!本人のプライバシーや著作権を侵害する意図は一切ありません。特に未成年の皆様の情報には細心の注意を払っておりますが、問題がある場合、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。即、善処致します。

スポンサードリンク

相馬村から青森山田リトルシニア

中澤君の出身地は青森県の相馬村。

青森の中でもなかなかの田舎である。(筆者は青森県出身)

出典:wikipedia

名産は青森ならでは、「飛馬リンゴ」

出典:弘前市相馬地区

そんな牧歌的な相馬村から中澤君は、青森市内にある青森山田リトルシニアに所属する事に。

青森山田高校は地元青森で、リトルリーグ、シニアリーグ共、連盟に登録、活動している。

青森のリトル、シニアリーグと言えば一昔前は、「青森ジャイアンツ」「八戸北リトル」「長者レッドソックス」あたりが上位を占めていた。

出典:青森山田リトルシニアツイッターより

しかし、2000年代にはいり、山田高校がリトル、シニアに参画してからは青森山田リトルシニアが圧倒的な強さを誇っている。

中澤君も中学時代から青森山田リトルシニアに在籍。

2015年にはリトルシニア全国選抜野球大会でベスト8

同年のリトルシニア日本選手権大会もベスト8を経験しており、「全国」での経験も積んでいる。

当時、ピッチャーも務めており身体能力の高さも見逃せない。

スポンサードリンク

高校入学後、一発のある選手として活躍

リトルシニアの流れから、そのまま青森山田高校に進学。

身長:170㎝

体重:78キロ

という体格の中澤君。高校入学後は一発のある選手として活躍。

今回予選の打率は.260台、バッティングフォームを見ても器用なタイプでは無い事が解る。

しかしながら、高校生とは思えぬ体躯から繰り出される打球は強い。

甲子園練習では右中間にも本塁打を打ち込んでいる。

出典:youtube

甲子園球場は日本の球場の中でも、左中間、右中間が広い事で知らてている。逆方向に放り込むのは高校生では至難の業だ。彼のポテンシャルを感じさせる。

青森山田・勝利で三回戦進出

試合は青森山田が勝利。次戦に駒を進めた。次戦は強豪の東海大菅生との対戦だ。

まだ2年生の中澤君、甲子園での2打席連続ホームラン。

3回戦も4~5打席のチャンスがあるだろう。全国でも名を馳せる東海大菅を相手にまた1本でも本塁打が出るようなら、一気に「怪物」へのし上がる可能性も感じさせる。

中澤樹希也君に大注目だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*