紅夜叉の経歴や旦那との店、なごみ亭(三島市)の評判は?【爆報!THE フライデー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

名悪役女子プロレスラー「紅夜叉」さんが、6/29TBSの【爆報!THE フライデー】に出演する。

引退後、旦那さんと開業した「なごみ亭」

決して大きな街ではない三島市で人気店に!!

成功の秘訣はなんだったのか?

開店から現在までを追ってみました。

スポンサードリンク

 

出典:女子プロレスラーGAMIのブログ

【紅夜叉さんのプロフィール】

本名:安田留美(やすだるみ)

生年月日:1970年4月23日

身長:162㎝

出身地:福井県小浜市

学歴:高校中退

【紅夜叉さんの経歴】

高校中退後、ジャパン女子プロレスに入門し、1989年12月1日デビュー。

91年、新人王トーナメントで優勝。その勢いで若手でカラオケに行き、練習をさぼってしまう。

次の日、大先輩方からの指導が!そしてそのまま1度目の引退をしてしまう。5年目。色々溜まっていたものや、「優勝」した事もあり、その時の指導を聞き入れられなかったのでしょう。

しかし、中学時代からの夢であったプロレスを投げ出したことがきっかけで体に不調が・・。摂食障害も経験。

そんな中、1992年に大先輩の1人、風間ルミさんからLLPW旗揚げに誘われ、プロレスを再開。また女子プロレス界で輝き始める。

その時の事を本人はこう言っています。

あそこで精神的に追い詰められた結果、何でも死に物狂いでやらなくちゃいけない、ってことを学びました。

引用:Ameblo

【紅夜叉の誕生】
1993年に本名から紅夜叉に改名、木刀を片手に赤い特攻服をのレディース姿に。これで人気が爆発。

当時のヤンキー・レディースの愛読誌である『ティーンズロード』が寮にあり、そこから影響を受けたとの事。一体・・・誰が持ち込んだんでしょうか(笑)当時、悪役のビックネーム「北斗晶」と1993年6月11日の後楽園大会で激突。ほぼ1分で負けたが、北斗晶と紅夜叉。ビジュアルも迫力も良かったこの試合でブレイクを果たした。

出典:youtube

スポンサードリンク

1999年に結婚。引退後、2児の母となる。そして静岡県三島市に旦那さんと居酒屋「なごみ亭」を開業。【現役引退】

旦那さんは都内の和食店で修業していた料理人。

女子プロレスも、料理人の修行も非常に厳しいもの。そんな境遇が二人を近づけたんでしょうか。

旦那さんと開いた店、「なごみ亭」の評判は?

出典:travel.jp

紅夜叉さんは交際していた当時から、結婚をしたら2人で居酒屋をやりたいと言っていたそうです。

2000年にその夢を実現させ、旦那さんと共に、静岡県三島市で「なごみ亭」を開業。

当初は30席程の規模だったようですが、。夫婦二人三脚で切り盛り。そして・・

2015年、より広い新店舗に移転!!現在の「なごみ亭」は全52席です。

増席、移転が何よりの「評判」ではないでしょうか!!

現在は「家族」で切り盛り

人口10万人程の三島市で52席は結構な「大型店」です。毎日満席にし続ける事は簡単ではないでしょうが、

「なごみ亭」のフェイスブックを覗いて旦那さんの「かつらむき」の確かな技術や、仕込んでいる際の手入れの行き届いた包丁を見ると、素敵な料理が出てくるのは間違いなさそうですし、

接客は「何でも死に物狂いでやらなくちゃいけない」の精神で頑張る紅夜叉さんがいて、

そしてなんと!!現在は息子さんも「なごみ亭」を手伝っているようです。

息子が若くして手伝いたいというのは両親の仕事っぷりが良かったからでしょう!

そんな店が流行らない訳が無い!!

一応ネットでも見てみましたが

Aさん
異次元の美味しさでした!
Bさん
なごみ亭のからあげは最高じゃ~!
Cさん
今までの人生で一番美味しかった唐揚げは、元 紅夜叉さんが女将をやっている「なごみ亭」(静岡県三島市)のランチで出している「からあげ丼」めちゃ美味しかったです!
Dさん
移転して広くなったから、すんなり入れた。熱発してるのに、予定優先してくれて。ほんと、嬉しかったなー。

等々。他にもたくさん口コミありましたが、ネガティブなものはほとんど見かけませんでしたね。

まとめ

紅夜叉さんも旦那さんも、若い時の苦しい修行をしています。それが今花開いているのですね。これからも(は)健康にも留意し、「一家団結!」でより「なごみ亭」が繁栄してほしいものです!そして三島に立ち寄る事があれば筆者も訪問したいです!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*