森本稀哲のwiki的プロフィールや経歴・球歴。病と闘い全うした野球人生が素晴らしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イケメンが勢ぞろいしている日本ハムファイターズ。

大谷翔平選手をはじめとしてイケメンも多く、オフに発売される写真集やカレンダーは毎年完売。

そんな中、異彩を発していたのがスキンヘッドがトレードマーク森本稀哲さん。

新庄選手の弟分で明るいキャラクターで有名な森本選手ですが、幼少期からの病を乗り越えての野球人生だった。

出典:本人事務所ツイッターより

スポンサードリンク

森本稀哲さんのプロフィール

名前:森本稀哲(もりもとひちょり)

出身地:東京都荒川区

生年月日:1981年1月31日

身長:185㎝

体重:81キロ

出身高校:東京都帝京高校

名門帝京高校で主将、高校通算34本塁打

私は高校球児だったので、名門の帝京高校で活躍していた森本選手をよく覚えています。

名門中の名門、帝京高校で主将・日本ハムファイターズに入団

当時は遊撃手として活躍しており、高校通算34本の本塁打。

最近は清宮君が話題で100本越えだと騒がれている中、34本のホームランは少ないように感じますが、帝京高校の対戦相手は名門ばかり。30本以上のホームランは立派。

その能力を評価され、1998年のドラフト会議では日本ハムファイターズに4位指名を受け、晴れてプロ野球の世界へ飛び込む。

日本ハムではその能力を評価されながらも中々頭角を表せずにいたが、新庄剛の加入後、明るいキャラクターが注目されるに連れ、出番も増加。2006年には134試合に出場し、ゴールデングラブ賞も受賞。その後2010年まではレギュラー級の活躍を見せ毎年100試合に出場。

日本ハムファイターズにとって欠かせない戦力となる。

スポンサードリンク

晩年は他球団を転々とするも

その後、日本ハムから戦力外通告を受けた後も、現役続行の意思を貫き、横浜ベイスターズ、西武ライオンズにはテスト入団し、野球選手としてグラウンドに立ち続けた。

2015年西武ライオンズ在籍時に、惜しくも現役引退を決意。通算16年の現役生活に別れを告げた。

通算成績は

  • 試合:1272
  • 打席:4066
  • 打数:3497
  • 安打:904
  • 本塁打:33
  • 打点:267
  • 盗塁:106

900本以上の安打を打ち、盗塁も100以上記録。プロの野球選手として恥ずかしくない成績を残した。そんな森本さんは幼少期、大変な思いをされています。

森本稀哲さんの幼少期。汎発性脱毛症を乗り越える・そこには「野球」があった。

森本選手と言えばスキンヘッドを思い出す人が殆どではないでしょうか。これは『汎発性円形脱毛症』によるもの。

汎発性脱毛症は自覚症状がないまま発症します。ある日突然、頭にコイン大の脱毛が起こり、早い段階で眉毛やまつげ陰毛などのあらゆる体毛が抜けていきます。そのため、全身脱毛症とも呼ばれています。

髪が抜け落ちる以外の症状としては、軽いかゆみや違和感、脱毛部の皮膚が赤くなる、
爪に小さな凸凹ができることもあります。森本選手は少年時代、この病気に悩まされていたのです。

これは・・かなり辛かったことでしょう。自分自身に置き換えてみると乗り越えられるかどうか解らない位です。子供は残酷。頭髪が無いその容姿を容赦なく指摘された事もあるでしょう。仲間外れにされた事もあるでしょう。これは憶測の域を出ませんが「命」について考えた事もあるのでは・・?

それを乗り越えるきっかけをくれたのが野球だったという。

森本選手は自身の引退会見時に

病気で髪が抜けてしまう苦しい少年時代だったけど、
野球を始めてホームランを打ったりすると、周りが認めてくれた。
野球は平等なスポーツ。自分に自信をつけさせてくれた。人生で、最も大切なもの

と語っています。

野球と出会い救われた。体が動くうち、最後まで現役にこだわったのは野球への想いがあったからでしょう。

スポンサードリンク

なんと現在は自らスキンヘッドにしている

そしてなんと、現在『汎発性円形脱毛症』は完治しているとの事。

しかし森本さんは同じ病気で苦しむ人に勇気を与えるために、現在は自ら頭髪を剃り、スキンヘッドにしているのだという。

名門帝京で主将を務め、ゴールデングラブを獲得するような一流選手なのに、自分以外の人のために行動できる森本さん。

今も野球関連の仕事を精力的にしている森本さん。こんな素晴らしい森本さんと触れ合った野球少年たちの中からは、必ずや未来のスタープレイヤーが出現する事でしょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*