宮崎謙介のセミナーが中止!「議員の常識を語る」はずだった。妻の金子議員の反応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「心からお詫び申し上げます。」

「人間としての欲が勝ってしまったと。」

そして逃げるようにマスコミをさけ、その後身を潜めていた宮崎謙介氏。

その宮崎氏が2017年8月に京都の世界遺産・下鴨神社境内で「なぜ議員の不祥事が起こるのか」のセミナーを開くという。そんなセミナー・・開けるのだろうか?

下部に追記あり(2017年8月21日7:30)

スポンサードリンク

宮崎謙介氏のプロフィール

名前:宮崎謙介

生年月日:1981年1月17日

出生地:東京都新宿区

出身校:早稲田大学商学部

配偶者:金子恵美

義父:金子由征

宮崎謙介氏の経歴詐称

早稲田大学漕艇部に在籍、国体出場とのプロフィールだったが

早稲田大学漕艇部が

「宮崎氏が早稲田大学漕艇部の出身であるとの報道が一部ございますが、同氏の大学1年生時の一時期、当部に在籍していた事実はあるものの、その後2年生になる以前に退部し以降、当部との関係はございません。また、途中退部であるため、宮崎氏は当部OB会である稲門艇友会とも関係はございません」

と異例の発表。

京都大学非常勤講師就任経験ありとの事だったが

大学から正式に任命される非常勤講師ではなかった事が判明。

二度にわたって経歴詐称が指摘されている。

スポンサードリンク

宮崎謙介氏の離婚歴と不倫歴

出典:産経ニュース

2009年加藤鮎子と離婚

2016年2月。妻が出産のため入院していた最中、なんと自宅に女性タレントを招き入れ一夜を共にした。妻である金子恵美氏は宮崎氏の浮気を許し、現在も二人は婚姻関係にある。

今回のセミナーの内容と金額は?

気になる今回のセミナーの内容だが

・1日目「なぜ議員の不祥事が起こるのか」「議員の常識・住民の非常識 。言ってはいけない失言」

・2日目「現代の政治倫理とは」「最近の議員辞職の事例」「マスコミが取り上げるポイント、取り上げないポイント」

その他、謳い文句としては

「議員が自覚すべき政治倫理とは」

なんと、不倫騒動によって辞職した宮崎氏が政治倫理について語るという。他にも

「なぜ議員の不祥事が起こるのか」

「言ってはいけない失言」

自虐的ともいえる内容で次々と講演をする予定。

宮崎市は「知人に頼まれたので引き受けた」としている。

そして今回のセミナーの金額は

1講演15000円。高い。

スポンサードリンク

参加者が集まらず

当初はなんと、京都の世界遺産である下鴨神社境内をセミナー会場として予定していたが、参加予約が入らず別の会議室に変更。それでも参加者は集まらないという。当たり前と言えば当たり前だ。

「しくじり先生」を模倣

セミナーの主催者による人気テレビ番組の「しくじり先生」をイメージしているという事だ。堅いセミナーというかラフな感じで受けてくれればと言っている。まあそんなノリなのだろうから、ポスターも誤植。

「求めら(れ)ている」送り仮名の(れ)が抜けている。

「そんな感じ」でセミナーに臨んで下さいという事なのだろう。

妻の金子議員の反応は?

この事実を受けて妻の金子議員は、民間人として起業しておりまして、主人に任せていますと語っているが、一方で「大変混乱をきたしている様で、セミナーそのものがどうなるかが・・」と語るに留めた。

「ゲス不倫」と呼ばれた宮崎謙介氏を1度は許したものの、今回の件で離婚へ舵が切られなければいいが・・

スポンサードリンク

まとめ

2017年8月19日の時点で10名の参加者がおり、開催自体はできそうだ。

追記1

8月21日AM6:00に中止が発表されました!以後、情報はいり次第加筆します。

最大96名の定員なので、お金と時間に余裕のある団塊世代の皆様。

是非参加して激動の時代をくぐり抜けてきたその目で彼を直視してあげたらどうだろう。

追記2

セミナー主催者の中止に関する文章全文

引用:京都政務セミナー

報道によって注目が高まり過ぎたため、現段階で会場や公演予定の宮崎氏、ご家族、そして会社関係者にも大変影響がでております。

また、当社の業務においても日々の取材対応で手一杯となっております。

セミナー当日は、さらなる混乱が予想される上、参加者や会場周辺の皆様のセキュリティの問題等も含めて考慮しますと、当社では責任が負えないという結論にいたりました。

原文まま

まとめ

散々引っ掻き回したが、「中止」の判断は妥当だと思われる。これ以上「騒動」を広げない方が皆の為だろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*