「港の見える丘公園」へ行こう!スタジオジブリの記念碑も。~横浜散策~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

数多くの作品の舞台「港の見える丘公園」へ行こう!

港の見える丘公園は、スタジオジブリのアニメ「コクリコ坂から」の記念スポットでもあり、横浜ベイブリッジを望む絶好のビューポイント!

交通のアクセスも良く、首都圏のデートにオススメです!!

スポンサードリンク

港の見える丘公園・中華街駅から徒歩7分

横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩7分の横浜港を見下ろす小高い丘にある港の見える丘公園。横浜ベイブリッジを望む絶好のビューポイントです。

港の見える丘公園の見所は3つあります。1つめは数々の歌の舞台となったロケーション。2つめは、イギリス総領事公邸として使われていたイギリス館と呼ばれる洋館。3つめは幕末から明治にかけてフランス軍が駐屯していたフランス山です。

数々の有名曲に使用されている絶景

港の見える丘公園は、昭和23年(1948)のヒットソング「港が見える丘」から命名されました。

その後、昭和44年(1969)のいしだあゆみの楽曲『ブルー・ライト・ヨコハマ」は港の見える丘公園から見下ろした、横浜から川崎にかけての工業地帯の夜景がモデルだったり、小田和正のオフコースの歌「秋の気配」の歌詞にある「港が見下ろせるこだかい公園」も、港の見える丘公園がモデルと言われています。B’zの「TIME」の「港が見渡せる丘」もまた、港の見える丘公園がモデルです。歌の歌詞となった景色は要チェックです。

スポンサードリンク

イギリス軍駐屯地の跡に建てられたイギリス総領事公邸

港の見える丘公園で、ひときわ目立つ洋館があります。1937年に、イギリス軍駐屯地の跡に建てられたイギリス総領事公邸です。地上2階・地下1階建の鉄筋コンクリートの洋館です。

1969年にその役目を終えた後、公邸の土地と建物は競売にかけられ、横浜市が買収しました。「横浜市イギリス館」と命名されて、1990年に、横浜市指定有形文化財に登録されてました。現在は、2階の展示室を作り、さらに復元した総領事の寝室を一般公開しています。

港の見える丘公園へのアクセスはフランス山へ

出典:http://www.gregorius.jp/photogallery/page_96.html

みなとみらい線が開通するまでは、港の見える丘公園へのアクセスはフランス山へ。

いくつもの階段を上がって、フランス領事館の施設跡を通りすぎて向かったものです。フランス山とは幕末から明治初期にかけてフランス軍が駐屯した港が見下ろせる小高い山で、領事館も建てられたことから、命名されています。平成14年から平成16年にかけて、周辺を整備して、フランスと横浜の幕末からの関わりあいについて、詳しい資料が展示されています。

スポンサードリンク

スタジオジブリの「コクリコ坂から」

出典:東京散歩

港の見える丘公園は、横浜では山下公園に並ぶ人気スポットです。スタジオジブリの「コクリコ坂から」を記念して、アニメの出てくる旗の掲揚台と記念碑も設置されています。いろんな意味で、楽しめる公園です。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=182

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*