マイラロザレスのwikiや、全米に注目された事件とその後は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

7月12日、フジテレビ「見逃せない瞬間ハイパーMAX!!」にて世界一体重の想い女性として、マイラ・ロザレスさんの人生がドキュメンタリーで放送されます。

体重や事件などは以前にも日テレなどで紹介された模様。

思わぬ事件から自身の体をアメリカ全土にさらすことになってしまった彼女のその後は・・。

スポンサードリンク

うっかり寝返って甥を下敷きに!?

米テキサス州在住の、マイラ・ロザレスさん(2008年当時32歳は)日常生活においても不自由極まりない自分の体を嘆いていた。

そんなマイラさんの身にとんでもない事が起こる。甥を殺したとして逮捕されてしまうのだ。

「自分が寝返りをうったとき、うっかり下敷きにしてしまった。」とマイラさんは証言していたのだが、司法解剖の結果は窒息死ではなく、打突、撲殺によるものだと判明。

司法解剖の結果もそうだが、当時マイラさんは自身の体重が重すぎて、寝返りが打てなかったのだ。

この事件の真相はというと、マイラさんの妹であるジェイミーさんが息子が食事をちゃんと採らない事に腹を立て、折檻した時に起きた事故であった。

もちろんマイラさんは無実になった。

しかし、「幼児の死」のニュースだったはずが、マスコミはマイラさんの異常な体重にフォーカスを当て始める。

事件後、今度は自身の体に注目が集まる。

「自分の体型にはほとほと嫌気がさす」と涙にくれるばかりだったマイラさん。「事件以後、自分の体が見世物になるのは堪えがたい苦痛だった」と言っている。

だが、これがいいきっかけになった。マイラさんは食生活の見直しや脂肪吸引手術によりどんどん体重を落とし、ひたすら減量に励み、彼女の体はいつの間にか5年間で体重を270kg近くも落とし、180kgになり、綺麗になったと話題になる。

瓢箪から駒と言おうか、事件がきっかけで彼女はダイエットに成功した。

スポンサードリンク

肥満体国アメリカのダイエット政策

出典:DIET WICHI AKI

それにしても、肥満体国と言われるアメリカ国民の体重は重い。現在、体重の重い人物ベスト10には女性、男性共にアメリカ人が半数以上含まれているという。

アメリカ政府は政策としてもダイエットを推進している。

カリフォルニア州は、学食での揚げ物系が禁止、チキンナゲットやフライドポテトは現在「焼かれて」調理されている。

また、スポーツドリンクも。

スポーツドリンクは「エネルギー補充」の意味合いも大きく、思ったより高カロリーだ。ニュージャージー州の学校では570グラムのスポーツドリンクがほぼ半減の340グラムにまで減らされた。

様々なダイエットを促進しているが、政府と食品会社との間に軋轢も生まれ、中々思うように国民の体脂肪は落ちていない様だ。

飽食のアメリカ、祖父、祖母、親、子。

飽食の時代が続くとDNAレベルまで「太る」遺伝子が組み込まれ始めているのではないかと思ってしまうほどだ。彼女もそんな時代のアメリカの被害者なのかもしれない。

その後のロザレスさんは!?

そんなロザレスさん、リバウンドなどもあったらしいのですが、彼氏や結婚にも恵まれて、現在も幸せに暮らし、自分と同じ過体重の方のアドバイスや手助けをしているらしいです。人生って解らないものですね。

現在のロザレスさんの様子。フェイスブックやツイッターも!!

ロザリオさんの英語版wikiも!(英語なのであまり推奨できないです汗)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*