小出恵介・容疑を否認も、府警は「17歳と知っていた」今さら嘘をついたら・・(敬称略)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大阪府警が9月13日、小出恵介を書類送検。

5月9日未明、知人男性(30)から紹介された少女(17)を同市中央区の飲食店で飲酒させるなどして連れ回した府青少年健全育成条例違反(夜間の連れ出し)の容疑で大阪府警が13日、小出恵介容疑者を書類送検した。

小出氏は「17歳とは後で知った」と語っているが、警察は「17歳と知っていた」と断定

結局小出氏が嘘を・・・今さら嘘をついたら・・

出典:https://myjitsu.jp/archives/24042

スポンサードリンク

小出恵介氏・書類送検

警視庁

2017年5月、大阪ミナミの繁華街などで17歳の少女が18歳未満である事を知りながら、夜遅くに酒を飲ませるなどをした府の青少年健全育成条例違反の疑いで2017年9月13日に書類送検された。

少女とは初対面で、小出さんと同席していたスカウト業の男性が呼び出して紹介したとされている。

小出恵介氏・容疑を否認。警察は「18歳未満と知っていた」

今回の取り調べに対し、小出さんは「少女の落ち着いた雰囲気から17歳にはみえなかった」と容疑を否認。

しかし、これに対し大阪府警は、その場にいた少女や、少女の母親、その他の知人から事情を聴取しており、その調べにより小出さんが少女を「18歳未満と知っていた」と断定した。

ここへ来て嘘をつくという行為をとった小出さんの動向を見ると、この騒動に至ったのも何だかわかるような気がする。

小出恵介氏の淫行は問われず

一方で、騒動当時に最も注目された少女との「淫行」に関して、大阪府警は、少女を威迫するなどの行為はなかったと判断し、児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑などには問えないと結論付けた。

・・なんだか釈然としない書類送検の内容になったものだ。

「脅迫」がなければ児童福祉法に抵触しない?これは・・どういう事なのだ?

18歳未満と性的な行為に及び、児童福祉法違反で逮捕されるなど全国でよく起こっているではないか?

なにかしらの「力」が働いたのか・・?

示談が成立

事件発覚当初、小出氏の事務所(業界最大手)が「謝罪と誠意をもって対処させていただく」としていた。

当初から示談交渉を行う可能性は高いとされていた。

有名人の男女トラブルは示談が成立するケースが多い。

今回も小出さんと少女との間では示談が成立しており、少女側の溜飲が下がった事により、児童福祉法違反に関する部分は争わない形になったとみられている。

小出さんの所属事務所アミューズも「検察庁の判断を見守りたい」としている。

スカウト業の男性3人も書類送検

また、大阪府警は、このスカウト業の男性ら3人についても、同条例違反などの疑いで12日に書類送検した。

今回の騒動の発端を作ったのはこのスカウトの内の1人とされており、1部報道では「美人局か」とも言われており、その部分の追及も必須だと言われいる。

小出恵介氏・嘘はついたら・・

今回の書類送検で「落ち着いた雰囲気から17歳には見えなかった」と言った小出氏。

色々な憶測が飛んでおり、「被害者は小出氏では」との声も上がっていたのだが・・これが「嘘」だとしたら、小出氏は自分で自分の首を絞めた事になるだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*