子供がいる家庭の禁煙条例・「子どもを受動喫煙から守る条例」が東京都で成立。意味はあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

かねてから「噂」になっていた「家庭での禁煙」に関する立法や条例の制定。

完全なプライベートな空間である「家庭」や「自宅」に対して有効な法律や条例なんて成立するわけがない・・。が世間一般の声であった。

しかし今回、東京都で子どもがいる家庭での禁煙を求める「受動喫煙防止条例」が成立した。その内容と、意味合いを考えてみる。有効な条例の制定なのだろうか?

スポンサードリンク

家庭内・社内・公的機関での禁煙を求める「子どもを受動喫煙から守る条例」

2017年10月5日。東京都議会本会議において、「都民ファーストの会」や公明党などの賛成多数で可決、成立した。

「子どもを受動喫煙から守る条例」

  • 18歳未満の子どもの受動喫煙防止を都民の責務と規定。
  • 子どものいる自宅や自動車の中で喫煙しない
  • 受動喫煙防止措置の講じられていない施設に子どもを立ち入らせない
  • 公園内や学校、病院などの周辺で子どもの受動喫煙を防止する事の努力義務
  • 分煙が不十分な飲食店などに立ち入らせない

等。子どもの受動喫煙を防ぐためのもの。尚、当条例に罰則規定は設けられていない。

プライベートな空間に「法」「条例」を持ち込む事には否定的な意見も

私的な生活空間に「法」「条例」を制定する事に関しては

「家庭内の規制は慎重にすべきだ」

「人権にかかわる部分もある」

「プライベートな空間は個人の裁量に任せるべき、法が介在する必要は無い」

など、批判的な意見も少なくない。

東京五輪向けの受動喫煙防止条例

IOC・国際オリンピック委員会は「たばこのない五輪」を目指しており、東京都は東京五輪・パラリンピックの開催までの対応に奔走している。

ただ、国際オリンピック委員会がどこまで受動喫煙の防止を求めているのか・・今回の条例制定は、小池都知事の東京オリンピック成功へのパフォーマンスと共に、「禁煙」を使った自身のクリーンなイメージの確立も視野に入っているだろう。

スポンサードリンク

受動喫煙は「俯瞰で」そんなに危険なのか?

ざっくりタバコの歴史を振り返ってみても、日本において最大級に受動喫煙しているのは喫煙者の家族と、30代~60代以上の方々だろう。

現在と比べると考えられない程の受動喫煙をしているのは間違いない。しかし2000年に入り、日本の平均寿命は右肩上がり・・。

もちろん、副流煙による、がんの発症率やその他、人体に及ぼす悪影響は科学的・医学的に証明されている。が、昭和の時代あれだけ「煙にまかれて」生きて来た人達の寿命がこれだけ伸びているのに「何でもかんでも禁煙」の流れはどうなのだろうか?

タバコだけが「悪」のような風潮は・・

法律で禁止しない限り、「タバコを吸う人」と「タバコを吸わない人」の権利は平等だ。今は日本において「タバコの健康被害」が大々的に注目され「禁煙ブーム」の様相を呈いている。

日本国民の特徴で1度「悪」のレッテルを張られたものは、よく考えもしないで右に倣えで「悪」にしてしまう。そのバランスの悪さは自覚しなければならない。

例えばタバコ以外の健康被害で言うと、現代の日本人は毎日、必要以上のカロリーを摂取し「現代病」と呼ばれるいわゆる「生活習慣病」による健康被害、そして命を落とす重病にもかかっている。その被害たるやタバコの受動喫煙による被害数よりも確実に多い。

そういった事に関して、「提供する店や企業」「提供する主婦」には何も言わず、タバコだけに特化して言及する風潮はいかがなものか・・。

「タバコは趣向品だから」という意見が多いだろうが、そんな事を言えば「ポテトチップス」も生きていくうえで必ずしも必要ではない。「趣向品」だろう。海外では「お菓子は趣向品」と位置づけする国も少なくない。

それを3時のおやつで、何も考えずに与え子どもを肥満にさせていたら「タバコを吸い家族に受動喫煙させている夫」と同じで「おやつを与えて生活習慣病を引き起こさせる原因をつくっている主婦」となる。

今現在、日本において問題になっていないだけで、「受動喫煙」と同じか、それよりも重要な健康被害を引き起こす事は様々ある。その中で「禁煙」にかける労力や資金の分配を考えるべきだろう。

少し「禁煙」に偏りすぎの世の中になってはいないだろうか?

スポンサードリンク

タバコ関連業者や飲食店の生活は・・?

バランスが悪い中「急速に」禁煙が進むとタバコ業者や、「お酒とたばこはセット」の居酒屋・飲食店などは対応に苦しむだろう。

生産業者や、販売業者はもちろん直接的に影響を受ける。また小池都知事は、

  • 客室を除くホテルや、職場、駅、飲食店は原則として屋内禁煙だが、飲食禁止の喫煙室を設置できる。30平方メートル以下の飲食店では「独立した喫煙室の設置が難しい」として、未成年を立ち入らせないことなどを条件に喫煙を可能にする。
  • 一般的なたばこや葉巻のほか、近年、人気が高まっている火を使わず煙が出ない加熱式たばこも禁止対象にする。

上記を19年のラグビーワールドカップまでの施工を目指すとしている。

19年・・わずかあと2年の内にだ。本来なら3年~5年程かけて客にも店側にも徐々に浸透させ、「気付いたら飲食店で禁煙はあたりまえ」にしなければ、おそらく「飲食店禁煙」を真面目に守る店ほど窮地に追い込まれるだろう。「ウチは大丈夫、吸っていいですよ」という店が出てきて、タバコを吸いたい客はその店に行くからだ。

もし2年で成立させるためには、厳しい罰則規定と、それを実際調査、罰則を課す事に特化したチームを立ち上げ、違反店を次々吊し上げの様に摘発するしか方法は無いだろう。

それ程のエネルギーは今の東京、日本には無いし、業界から大反対に遭って計画は頓挫するはず。そんな事をしようとしているのだ。

こんな事も形に出来ないでいるのに、今回の「子どもを受動喫煙から守る条例」を制定した所で、影響は無く「絵に描いた餅」になるのは目に見えてる。

もう少し意味のある事に議会の時間を使ってほしいものだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*