「清宮ドラフト」日ハム木田優夫GM補佐が清宮を引き当てる!7球団競合の番目左手でくじ引き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プロ志望を出した野球選手にとって運命の日。

2017年プロ野球ドラフト会議(supported byリポビタンD)が10月26日17時より行われ、「清宮ドラフト」とも言われた決着。

結果は、北海道日本ハムファイターズ木田優夫GM補佐が大注目の早稲田実業高校の清宮幸太郎君(18)を引き当てた。

スポンサードリンク

清宮ドラフト・7球団競合

ここ10年でも類を見ない注目を浴びたドラフト。

注目の的はもちろん、早稲田実業高校の清宮幸太郎君。今現在、規格外の活躍を見せる大谷翔平選手やスーパー1年生として甲子園デビューし、注目され続けた中田翔選手もここまで注目の集められなかった。

父親の存在、小学生時から世界大会優勝。そして伝統ある早稲田実業高校に在籍。様々な要素が彼をここまで押し上げた。

そしてドラフト当日、清宮幸太郎君を1位指名した球団は「千葉ロッテ」「東京ヤクルト」「北海道日本ハム」「読売巨人」「東北楽天イーグルス」「阪神タイガース」「福岡ソフトバンク」の7球団。あまりの人気に競合を避ける作戦に切り替える球団も多く、ファンが期待した球団数よりは少なかったと思うが、それでも7球団の競合。

スポンサードリンク

ドラフト会議・史上最高の強豪は野茂英雄・小池秀郎の8球団。

ちなみにドラフト史上、最も多かった競合は野茂英雄氏の8球団。全くの無名から社会人野球で一気に頭角を現し、「トルネード投法」で注目される。

独特の投法と、急な成長に「絶対的な評価」を下す十分な時間も無かった事で、「競合を避ける」という時点まで至っておらず、1位指名が8球団にのぼった。

一方の小池投手は亜細亜大学で、1990年春季に東都大学記録となるシーズン111奪三振を記録し(2007年に東洋大の大場翔太が115個を記録し更新)、大学選手権でも優勝。大学通算63試合登板28勝14敗、防御率1.45。最高殊勲選手に2度、最優秀投手に1度、ベストナインに2度選ばれ大学ナンバー1投手として注目され、「即戦力の実力」を期待され8球団に指名された。

スポンサードリンク

清宮ドラフトは木田優夫GM補佐が当たりくじを引き当て決着

注目の抽選。7球団中3番目にくじを引いた木田優夫GM補佐が左手で清宮との交渉権を引き当てた。

今回の抽選に名乗りを挙げた面々は中々の強運揃い。抽選で負け越していた人物は少なく、日本ハムファイターズの栗山監督のみ「5連敗中」のため、木田優夫GM補佐が「代打」でくじ引きの場に立った。

なんとその木田優夫GM補佐がが交渉権を引き当てた。

交渉権を引き当てた北海道日本ハムファイターズ。入団となるか?

過度なマスコミの報道から生徒を守る為もあし、言動はかなり制限されていただろうが、清宮幸太郎君は意中の球団の名前はここまであげていない。

プロ志望表明時の会見を見ていても、プロに進めなかった時の方向を考えている様には見えなかった。おそらく度の球団でもプロに進むと思われる。

人気球団である北海道日本ハムファイターズへの入団を拒否する事は無いだろう。注目度が高い日本ハムでこれまでよりも報道は過熱していきペースを崩す恐れもあるが、首都圏からはなれ、ファンの気質もおおらかな日本ハムファイターズは清宮君にあっているのではないか?

大谷翔平選手を大きく育てた日本ハム。清宮幸太郎も大きく成長するだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*