カープ阿部、オールスター出場なるか!?ファン投票の中間発表から、選手間投票・監督推薦が濃厚か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広島東洋カープ、阿部友裕選手のオールスター出場なるか注目を集めている。5月26日に規定打席に到達、そして同時に首位打者になり、球界のトップニュースになった。世間の声としては

  • 投票の中間発表からすると難しいのでは?
  • 監督推薦で出場させてあげて欲しい。
  • 今年10年目の苦労人、今年を逃すと無いかも。是非出場を!

など、大方オールスター出場へ肯定的な意見が多そうだ。6月8日現在のファン投票の中間発表と過去の監督推薦の選考履歴などから阿部智弘選手のオールスター出場の可能性を考察。

スポンサードリンク

阿部友裕選手のオールスター出場への条件

オールスターへの出場条件は以下の通り。

  • ファン投票→外野手のみ上位3名まで、内野手については1位の選手。投手は「先発」「中継ぎ「抑え」にポジションが分かれており、それぞれの1位が選出される。
  • 選手間投票→ファン投票と同様に各ポジション1位と外野手上位3名。
  • 監督推薦 →(前年リーグ優勝球団監督が担当)を併せて両チーム28名ずつ(計56名)がメンバーとして登録される。

 

ファン投票と選手間投票でおそらく20~24名(ファン投票と選手間投票どちらも1位の選手も出る)となる。残り4~8人程が監督推薦での出場となる。では阿部友裕選手はどの可能性があるのか現状から調べて見る。

阿部友裕選手のファン投票、中間結果

阿部友裕選手のファン投票の得票数は6月8日現在、NPB(日本野球機構)の発表によると三塁手部門で

  • 1位・鳥谷敬選手(阪神タイガース) 202242票
  • 2位・マギー選手(読売ジャイアンツ)95322票
  • 3位・阿部友裕選手(広島東洋カープ)75599票

の3位、そうオールスターへ道は甘くない。1位は鳥谷選手

出典:阪神タイガース情報園

1位の鳥谷敬選手(阪神タイガース)は2016年、若手の北条選手とのレギュラー争いをし、ショートでの出場機会が少なくなり、それどころかゲームに出る事すらままならない状況であった。

 

それが2017年は三塁手に専念、守備に打撃に大活躍。現在のミスタータイガースのどん底からの復活劇にあの熱狂的な阪神ファンが反応しない訳はなく、ダントツの1位。

 

阿部選手は確かに一時、首位打者に躍り出たが、総合力では3位が妥当かと思われる。

阿部友裕選手の選手間投票での選出は?

選手間投票は、その名の通り、現役のプロ野球選手たちが票を投じるシステムである。毎年の傾向を見ていると、「実力者」が1位に選出される傾向が強い。

選手間投票が始まった2008年からの選手間投票1位の選手、そしてファン投票の結果も併せて表記する。(敬称略)

  • 2008年 村田 修一【ファン投票1位】
  • 2009年 小笠原道大【ファン投票1位】
  • 2010年 小笠原道大【ファン投票1位】
  • 2011年 村田 修一【ファン投票1位】
  • 2012年 宮本 慎也【ファン投票1位】
  • 2013年 ルナ   【ファン投票3位】
  • 2014年 村田 修一【ファン投票3位】
  • 2015年 川端 慎吾【ファン投票1位】
  • 2016年 川端 慎吾【ファン投票1位】

上記の通り。ほぼファン投票1位=選手間投票1位なのである。特に今年の選手間では、鳥谷選手への想いが強いのではないかと思われ阿部選手の選手間投票での選出は難しいと思われる。では監督推薦ではどうだろうか?

スポンサードリンク

阿部友裕選手の監督推薦でのオールスター出場の可能性

監督推薦でオールスター出場に至った選手を見てみる

監督推薦の選考も中々の実力重視であると見受けられる。毎年ポッとでの新人が選出されていることは少ない。

しかし、2014年の雄平選手(ヤクルトスワローズ)や2015年の鈴木尚広選手(読売ジャイアンツ)など、長年にわたりプロ野球界に籍を置き、10年目以降にキラリ光る活躍を見せている選手を選出している。

 

監督推薦は各リーグの前年優勝監督

オールスターの監督推薦は各リーグの前年優勝監督である。そう、今年は広島東洋カープ監督、緒方耕一監督である。

出典:カープブーン

オールスターの出場選手について緒方監督は

・「うちの選手、1人でも多くね、すいませんけど多く選ばれて欲しいなという思いはあります。」

・「うちで今、売り出し中の阿部っていうのがいるんですけど、もうすぐ規定打席に到達すれば、打率上位に食い込んでくる選手なんで。それでもの凄くいい活躍をしてくれています。」

 

と語っています。オールスターに前向きで無い考え方の監督も少なからずいる中、緒方監督はオールスター出場に非常に前向き。

 

そしてオールスターの公式会見中に阿部選手の名前を出している事から、10年苦労してきた阿部選手への個人的な思いがあると思われ、阿部選手が最終選考時まで打率3割を超えていた場合、緒方監督も胸を張って監督推薦で指名するのではないかと筆者は思っている。

スポンサードリンク

 

阿部友裕をオールスターに!!

何を隠そう筆者は生粋のカープファンなのである。自分が応援する球団で中々芽がでなくても、地道に頑張って来た10年目の選手を応援せずして、カープファンは語れない!

 

前述したが、6月29日のオールスター出場選手の発表まで、阿部選手が3割を(出来れば余裕をもって3割2分位)キープできていれば違和感なく監督推薦での選出が可能なはずだ。

 

6月7日現在打率3割2分1厘でランキング2位。ジワリと下がってきている・・。なんとか粘って、後は監督推薦!緒方監督少々のエコヒイキで出場させてあげて下さい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*