JASRAC著作権料問題「創作者に還元」は正しい。問題はJASRACが創作者に正しく還元していない事と、彼らの態度だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

たくさんのチビッコ達の歌声が響く音楽教室。

その音楽教室で使用されている誰もが知っているであろう有名曲。

その使用に関してJASRACが「創作者に還元しないのはおかしい」と音楽教室に使用料を支払う様に要請し、音楽教室は「「著作権使用料は発生しない」として提訴。

これに対しJASRACは争う姿勢を見せている。

「創作者に還元」は正しい。争点がそれのみなら裁判もJASRACが勝つだろう。何故こんなにも音楽教室が激しく抵抗するのか?見出しにある事が根底にあるのではないだろうか。

スポンサードリンク

JASRACの主張・「創作者に還元」は正しい

今回JASRACが主張している「創作者に還元しないのはおかしい」というのは至極もっともな事であり、完全な正論であると思われる。

私達の生活には音楽が溢れている。街を歩いても、自宅に帰っても、飲食店に入っても、習い事に行っても。音楽が流れていない事はほとんどない。

誰だって経験があると思うが、友達がレンタル店から借りてダビングしたものを自分がさらにダビングするといった行為や、例えば、それを自身の店舗で流したりすると、そこに著作権が発生するのは当たり前と捉えるべきだろう。

それを一手に引き受け徴収する機関や機能があるというのは創作者にとってはありがたい話であるのは間違いないはずだ。今回の裁判も争点を「創作者に還元」に絞って考えるなら、おそらくJASRACが勝つだろう。むしろ負ける要素が無いとも思われる。

JASRACが音楽教室に求めた徴収率は月謝の2.5%と見られている

今回JASRACが音楽教室へ求めた徴収額・率は月謝の2.5%とされている。

月謝が6000円なら150円、月謝が8000円なら200円、月謝が10000円でも250円だ。

徴収が現実になると、確かに受講者の負担になるのは間違いない。

だが、2.5%と聞いて、そんなに法外な設定だと思う方はごく少数ではないだろうか。常軌を逸した設定だとは到底思えず、逆に2.5%の提案に断固抵抗している音楽教室側に疑念の声が上がりそうな程だ。

音楽教室は「教育の一環である」と主張しているが、だったら音楽教室が「国単位で意味がある」「国に認められる教育機関」でなければおかしいだろう。または金をとるべきではない。シンプルな話。

では何故音楽教室業界がこれほどの強硬姿勢を見せているのだろうか?

筆者の体験も含め次項から説明します。

スポンサードリンク

JASRACの徴収態度と、本当に「創作者へ還元」・・しているのか?の疑念が問題

音楽を取り巻く時代背景

これほどまでに音楽教室側が態度を硬化させるのはおそらく、JASRACが今回の徴収に対する姿勢。また、これまでに起こっている騒動に起因しているのではないか?

ここ十年。音楽を取り巻く環境は大きく変わった。一昔前であれば「レコード」の売上の印税料と、テレビ、ラジオで使用する際の著作権を把握、管轄していれば良かった。

しかし、カセットテープからCD→MD→携帯電話→ipot→スマートフォンやパソコン→bluetooth→その他高性能オーディオ機器。といった具合に、音楽を取り込めるポイントが多岐にわたり、シンプルに著作権の管理ができなくなってきた時代背景もある。

さらに、著作権管理はJASRA独占状態だったのが、エイベックスの主張によって風穴が空いた事実もあり、JASRACの「売上」?が落ちたのも間違いない。これは資本主義国の日本なので健全な出来事なのだが。

筆者も体験。JASRACの徴収電話がすごい

2010年には携帯電話の着メロやパソコンからのダウンロード、そして2015年、エイベックスがJASRACから離脱。このあたりからJASRACの動きが活発になってくる。

飲食店や理髪店、宿泊施設など、民間のありとあらゆる事業体に電話、調査状を送りつける行動に出ている。

筆者は当時、飲食業務に従事しており店長として7年目程だった。一言一句覚えているわけではないが、当時の電話の内容を。

一回目は20代前半くらいの男性

私:もしもし〇〇でございます。

JASRAC(以下J):もしもし、こちら日本音楽著作権協会(JASRAC)と申します。オーナー様か、責任者様いらっしゃいますか?

私:はい、私が店舗管理者ですが。

J:今回店舗で使用している音楽についての調査なんですが。

私:あ~ウチは今USENさんですね。

J:そうですか、その他の音楽のご使用は無いですか?

私:そうですね。一日中USEN流してますね。

J:そうですか・・。えーとお店はどちらですか?

私:はい?

J:お店は東京のどちらですか?

私:・・・ふざけてるんですか?

J:え・・・いえ・・。

私:もういいですか?

J:あ、ああ、あの・・

私:なんですか?

J:いえ・・

ここで電話を切る。

東京の・・具体名は出さないが、日本で三本の指に入るターミナル駅の店だった事もあり、様々な営業電話が月平均で50本ほどあり、全く話にならない電話も月に数本。もはやそういったものは流して記憶にも残らないが、最後の下りはよく覚えている。

勝手にかけてきておいて「住所はどこですか」と電話した相手に聞くとはどういう神経なんだと思った。

しかも二回目の電話がひどい。

スポンサードリンク

二回目は30代位の男性

私:もしもし〇〇です。

J:もしもし~JASRACと申します。(今でいうちょっと「オラついて」いる話し方)

私:はい。

J:そちらのお店は音楽は使用していますよね?

私:はい使用しておりますが。

J:どういったものですか?

私:今はUSENさんですね。

J:そうですかあ、他は絶対使用してないですね。

私:そうですね、ランチの時にたまにラジオ流す位ですね。

J:そうですかあ。その他は?

私:無いですね。

J:絶対っすか?(「っすか」といったのは鮮明に覚えている)

私:・・・そうですね。

J:解った時大変になりますよ、大丈夫ですか?

私:・・・はい?

J:嘘とわかると大変ですよ。

私:あ~そうなんですね。で、ご用件はなんでしょうか?

J:え・・・

私:USEN以外使ってねえんだよ。なんだよ、用件。(大人げないが・・当時私も若かった・・だめですよね苦笑)

J:あ、いや・・・

私:こないだ電話掛けて来たばっかりだろ。切るぞ

J:あ・・・そうでしたか?

私:そうだよ、切るで

j:あ・・・

いや~今思い出しても軽くイラっときてしまう。ひどかったな・・・。これで終わりと思ったら、後日調査状が届いた・・・なんだってんだ。

これは実際の話です。今思うと、JASRACにとっては「業界大刷新」の時期だったんでしょうが、ひどかったです。一社独占企業で競争相手がいなかった事が影響しているのでしょう。ひどかった。

他にもJASRACに関するトラブルは結構耳にする。

スポンサードリンク

「JASRACから1円も著作料の分配がなかった」「爆風スランプ」ファンキー末吉さんが会見

2017年8月には爆風スランプのファンキー末吉さんが自身の体験を踏まえ、「JASRACからは1円の著作料の分配もなかった」と会見。

会見で末吉は、JASRACがライブハウスに対して「包括契約の契約書だけを送りつけて、どんな曲を演奏しているのか把握することなく、お金だけを集める。それをモニター店でサンプリングして、その結果として分配している」と主張。全てのライブハウスで同様の契約を結び、一部の「モニター店」での演奏実績をもとに全てのライブハウスへの分配を決定しているとした。

 末吉は「私もかなりの数のライブを全国でやっていますが、私の方には全然(著作権料が)入ってこない。モニター店はどこにあるのかと(JASRACに)聞いたら、それは言えないと。自分で、全国で名だたるライブハウスの何百本かのライブを集計しましたが、その中にモニター店は1つもなかった」と現状を説明した。

 また末吉は現在、運営に関与するライブハウス「Live Bar X.Y.Z.→A」ではJASRACの管理楽曲を演奏せず、演奏したい場合は個人で許可を得る仕組みを導入。だがJASRACは、個人からの利用許諾は受け付けられないとしたという。

 この運営に対して末吉は「管理事業法16条」に違反していると主張。実際に大阪高裁で個人の利用許諾をJASRACが拒んだことを同法違反とした判決が下されていることなどから、「文化庁に、調査をして、もしそうだった場合は業務改善命令を出してくれという上申書を提出しました。違法運営があるなら改善命令を出していただいて、改善されるまでは業務停止しなければいけない」と訴えた。

 末吉は「店を片っ端から訴訟していく姿、音楽教室から徴収するときの強引なやり方にものすごいイヤな感じを受けております。演奏権の場合はJASRACの独占ですので、私たちは選ぶことはできません。私が思うのは、普通の商売だったら、私は態度がいい店とつきあいたい。独占で、選択肢がないというのが一番の問題ではないかなと思います。いろんな企業に透明化が求められている時代の中で、JASRACだけがブラックボックスの中で動いている」と強調。

 「自分の曲も自分で演奏できないような世の中にしてはダメだ、自分が感動した音楽に払ったお金が他の人に行くようにしていてはダメだと訴えたい」と強い思いを口にした。

 末吉は2013年、自身が経営するライブハウスにおける管理楽曲の演奏禁止や著作権使用料の支払いを求められ、JASRACに提訴された。昨年3月の第一審、10月の第二審ともに敗訴し、支払いを命じられた末吉は最高裁に上告していたが、今年7月11日に棄却されていた。

引用:デイリースポーツ

スポンサードリンク

JASRAC、著作権が無い雅楽(ががく)へ著作料を請求

雅楽奏者の岩佐氏が著作権のない雅楽に対しての徴収に言及

ここでも担当者の上から目線具合が記されている。

JASRAC・一小節なら支払わない

創作者への還元と謳って著作権料を徴収しているのに、独自の勝手な支払い規定で取るものは取って、創作者に還元しない・・。

これでは「大義」を自分自身で覆しているようなものだ。

JASRACの姿勢に共感できず、音楽教室は徹底抗戦の構えか?

JASRACのこういった姿勢に共感できない事が、音楽教室の徹底抗戦につながっているのではと筆者は推測する。

実際、筆者が経験した電話は一瞬で協力する気をなくさせるに十分だった。

「創作者への還元」

言っている事に間違いが無いだけに、なんとかうまい着点が見つかるといいが・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*