Jアラート、鳴っても出来る事が無い・繋がらない内閣官房HP。結局どうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年8月29日午前5時58分。

Jアラートが鳴った。北朝鮮からミサイルが発射された事を受け発動。

北日本の日本の領海、領土に落ちる可能性があるとの警告。

筆者も起きており、Jアラートを発信している内閣官房のHPにアクセスするもサーバーダウンか?アクセス集中により繋がらない。

最新の情報を得たくアクセスしたのだが・・繋がらない時はどうすれば良いのだろうか?

スポンサードリンク

内閣官房のHP内では最新情報が示されるわけでは無い様だ。

2017年8月29日午前6時36分現在、内閣官房のHPにアクセスが可能になった。

内閣官房 国民保護ポータルサイトHP内は通常の内容と変わらない。

最新の情報が掲載されるわけではなさそうだ。

いつも通りのトップページ。現在の内容は「弾道ミサイル落下時の行動について」だ。

念のため記載しておこう。

1.速やかな避難行動

2.正確かつ迅速な情報取集

メッセージが流れたら

1.できる限り頑丈な建物や地下に避難する。

2.物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

3.窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

上記が内閣官房のHPに記載されている弾道ミサイル落下時の行動についてだ。

いささか物足りない内容だと思われる。

ニュースジャパン24ではミサイルや有事の際の本当の意味のある対策として、世界各国の有事のための「シェルター」事情をまとめた記事もある。

スポンサードリンク

現時点では?世界の常識は?

jアラートが鳴った後、最新の情報が欲しい時、現時点では「待つ」しかない・・。

ミサイルが発射されてしまった後だ。数秒間の情報の有無で命が救われる事もあるだろう。

10秒、いや1秒でも早く情報を得るため、内閣官房のHPが1番早い情報になるようにしてもいいのでは?

筆者は携帯電話のJアラートの設定をしておらず、テレビを見ていて知った。

本来は携帯のJアラートを設定していればいいのかもしれないが、テレビ→「Jアラート」で検索→内閣官房のHPで最新の情報を得る。

といった行動をとる人間もいるのではないか?

人間のあらゆる行動パターンを想定して、最短で情報を得られるパターンを一つでも多く持って欲しいものだ。

世界の有事の状況の対策は地下&シェルターに避難

世界的に見ると、ミサイルに対する非難の方法としては、「地下に避難」と「シェルターに避難」だ。

ヨーロッパ。特にスイス。次いで北欧のシェルター設置率は国民の80%から100%である。有事のために万全な対策が施されている。

日本は地下に潜るしかないだろう。そうなると都内の方が現実的。地方都市の地下・・。考えづらい。

日本(人)も本格的に「自衛」を意識しシェルター導入を考えた方が良いのではないか?

シェルターが安全対策には最善。世界の常識。日本の意識の低さ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*