石垣幸二のwikiやプロフィール。現在の仕事内容は?【クレイジージャーニー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毎週木曜日、深23:58~(TBS)で放送のクレイジージャーニー。

さすが、松本人志さんをMCに据えているだけあって、毎回まさしく「クレイジー」な人物たちが登場。私たちの知らない世界を見せつけてくれる。

7月27日のクレイジージャーニーに登場するのは石垣幸二さん。彼はいったいどんな経歴の持ち主で「何クレイジー」なのでしょうか?

スポンサードリンク

石垣幸二さんのプロフィール

出典:ナショジオ

名前:石垣幸二 (いしがきこうじ)

生年月日:1967年

出身地:静岡県下田市

出身高校:静岡県立下田北高校

出身大学:日本大学国際関係学部

現職:有限会社ブルーコーナージャパン代表取締役

  :沼津港深海水族館館長

2017年7月27日現在石垣さんのwikipediaは無いようです。

静岡県下田市出身

生まれは伊豆の下田。

下田と言えば全国でも有数の漁港。

もちろん家のすぐそこには海があり、子供の時の遊び場はいつも海で、捕った魚や蛸を料理屋に売っていたそうです。高校は普通に地元の高校に進学してらっしゃいます。

日本大学国際関係学部に進学したきっかけは?

大学進学の際、将来就きたい仕事がコレといって決まってなかった石垣さん。

そんな時、ご両親から親戚の方でニューヨークで皿洗いをして、世界を巡り他の語学まで堪能になり、一流のホテルマンになった人がいる」

と聞かされ、「俺も受験なんてしないで、1人でニューヨークへ行こう!」と思ったそうで。

結局は「国際」という言葉に惹かれ、日本大学の国際関係学に入学されました。

海外永住を夢見て、大企業に就職も・・

海外永住を夢見て、外国にも多数支店を持つ企業に就職。もちろんすぐに海外勤務とはならず、営業職に。すると「一生かけて追いかけれる仕事がしたい」と思うようになります。

そんな時、朝刊に挟まっていた「潜水士募集!英語が出来て、船の資格を持った方を優遇」のチラシ。これだと思って、その会社に就職。熱帯魚店への卸売りをなどを経験し、8年在籍の後、独立。

独立後・右から左の仕事に疑問を感じる

独立後、辺境の海沿いの村なども隈なく歩き熱帯魚を探す日々。どんな熱帯魚なら安く仕入れ、安く売れるのか?それを課題に繰り返される日々。仕入れと売値のバランスの事ばかりを考えている自分に疑問を持ち始めます。

そんな時、あのさかなクンとの出会うのです。

さかなクンに出会って、「俺は今のままでいいのか?」

さかなクンが自社に寄ってくれる事が何度かあり、その度、なんて事が無い、よくいる魚の事も目を輝かせながら説明をするさかなクンの姿を見て「俺はこのままでいいのか」と。

海が好き、海の生き物が好きで今の仕事を始めたのに、毎日仕入れて売るだけ。

もっと海の生き物の事を知りたい!それを伝えたいと思い立ち、水族館や博物館の先生たちに話を聞きに行き、その先生たちが欲しい魚を探して持っていく事を始めた。

これが現在の石垣さんの仕事の土台となっている。

スポンサードリンク

現在、入手困難な希少種を探すなら有限会社ブルーコーナー

そこから血のにじむ様な努力を重ね、現在石垣さんの会社ブルーコーナーは現在、いわゆる生体納入。生きたままの魚たちを世界185以上の水族館に納入にする様になった。

そこからついた石垣さんの異名が「海の手配師」

欲しい魚があれば「ishigaki」に頼めと言われる程までに。

そして石垣さんはネットニュースのインタビューで

 何かしら心を揺らすきっかけがあれば、そこから見えてくる自然、海の世界は限りない広さを持って迎えてくれます。

 地球上にいかに多様な生きものがいるか、それらが互いに支えあって生きていることもわかるでしょうし、まぎれもなく人間もその一員であることが理解できるはずです。そんな世界へ、より多くの人を誘いたいというのが僕の思いです。

 海と、そこに棲む生きものたちを気にかけてくれる人を、一人でも増やしたい。そのためのきっかけづくりを全力でやるのが、僕の使命だと思っています。

引用:Webナショジオ

と語っています。悶々とした日々を過ごし、たどり着いた

「もっと海の生き物の事を知りたい!それを伝えたい」

を形に出来ているからの言葉。素晴らしいの一言に尽きます。

まとめ

自分のやりたい、やると決めた事を頑なに貫いて現在「海の手配師」と呼ばれる石垣さん。

まだまだこれからも、見た事のない海の生物で私たちを驚かせてくれる事でしょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*