先生とは?生き人形作家の詐欺問題で浮上してきた「先生」とは何者か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1980年代から生きた人間のような球体関節人形を作る人形作家・堀佳子(54)さん。

数々のテレビ番組や人気アーティストの様々な場面でも起用された人形作家が、8000万円以上の借金を残して失踪。詐欺の容疑で元マネージャー渡辺志保(54)と共に逮捕された。

事件の背景が気になるところ。そしてこの事件には「先生」と呼ばれる謎の人物の存在がいた。

スポンサードリンク

2人の逮捕は製作費などの詐取による詐欺容疑

今回の逮捕は、2013年の3月~4月に生き人形作家である堀容疑者の人形作製費や事業資金を岡山市に住む男性から受け取り、そのまま詐取した事による詐欺容疑。

別件でも2015年には男女3人から金を奪い取ったとされ岡山地検に刑事告発もされている。その額8000万円以上。

堀容疑者の作品は人気が高かった

堀容疑者の人形は芸能人のファンもおり、人気の人形作家であり、一体の価格も高額で1体数百万円する物もある。その評価そのままに、受注生産はもちろん、作製した人形は販売に困る事は無く、作ると必ず買い手がつくほどの人気。

堀容疑者を知る周囲の人たちの中には「あれだけ人形が売れていてお金に困っているとは考えにくい」

と語る人もいる程。

ではなぜ8000万円とも言われる多額の借金を踏み倒すにまで至ってしまったのだろうか?

堀氏と渡辺氏が語る「先生」と呼ばれる謎の人物

堀氏の母親は「娘はマネージャーに騙された」と語っている。

そして先日、公開された堀氏と渡辺マネージャーとの通話記録とされるテープの会話によると

今回騒動になった多額の製作費、事業費は、2人の会話の中に出てくる「先生」と呼ばれる人間の元に届けられていた様だ。

しかも堀氏はこの「先生」と面識がないという。

面識のない人間に数千万の金銭が流れているとなると、これはもう常識の範囲の話では無くなる。いったい何が起こっていたのか、謎は深まるばかりである。

スポンサードリンク

宗教、洗脳による金銭の搾取か?

堀容疑者はここ最近占いに心酔していたとの情報もある。

「占い師」と聞くと中島知子さんや辺見マリさんの「洗脳騒動」

特に辺見さんは某テレビ番組で「占い師に洗脳され5億円だまし取られた」

と自らの口で、その騒動が事実であり、妄想の世界で無い事を証明している。

事実はひとつ。真相はいかなるものなのだろうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*