池袋サンシャイン水族館・魚大量死。原因は酸欠か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あの人気の水族館で魚が大量死。

その数なんと24種類、1235匹。全体の94%にあたるという。

池袋サンシャイン水族館で何が起きたのか?

スポンサードリンク

池袋サンシャイン水族館で飼育魚が大量死

東京・池袋のサンシャイン水族館は8日、館内の中核を成している「サンシャインラグーン」で魚類24種類1235匹が死んだと発表した。

館内で魚を観覧するスペースの中心にある円形の巨大水槽だ。大量死した魚はサンシャインラグーンで飼育中の生物の94%に当たるという。原因は酸欠と見られている。

スポンサードリンク

池袋サンシャイン水族館の説明

 サンシャイン水族館の説明では、

  • 7日の午前、サンシャインラグーン内の一部の魚の治療薬を投入
  • 薬品の効果をより引き出す為、空気泡を使い水槽内の異物(魚のフンやゴミ)を取り除く装置を停止
  • 酸素は別機によって送り込んでいた。7日の夜にも飼育員が巡回、観察し、変わった様子はなかった。
  • 8日の朝。警備員が巡回中に魚の大量死を発見した。

という流れだったとの事。原因は酸欠との事。

生き残ったのはトラフザメやヒョウモンオトメエイなど26種類73匹だけだった。

池袋サンシャイン水族館の営業は?

サンシャイン水族館は急遽水槽をシートで覆ってサンシャインラグーンで予定されていた催し物は中止した。

また、他のエリアに被害は無く通常通り運営できることもあり、9日以降も営業自体は通常通りするとの事。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*