ホルモン焼きすぎで、焼き肉店が全焼。名古屋中区新栄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

名古屋市中区新栄。住宅街の中に何件か連なる地元密着型の飲食店。

その中の一軒、焼き肉「The ホルモン Naizouya」が全焼した。原因は店側の出火ではなく・・・

スポンサードリンク

焼き肉の焼きすぎで?焼き肉店が全焼

11月27日。夜9時半頃、名古屋市中区新栄2丁目の焼き肉店「The ホルモン Naizouya」から火の手が上がった。

火は同店、木造2階建ての店舗と隣の不動産会社の2階の一部までのびたが、4時間後に完全消火された。店内にいた客や従業員に怪我人は出なかった。

火元は?

飲食店からの出火。厨房の火の消し忘れや火力調節のミスか?と思いきや、火元はなんと「客」だった。

ホルモン焼き屋らしく、テーブルにコンロを置き、網焼きで食べるスタイル。そのコンロから炎が上がり、「ダクト」に燃え移ったと見られている。

愛知県警中署の調べに対し、客は「ホルモンを大量に焼いたら炎が上がり、ダクトに燃え移った。食べ放題の時間内に食べきれるようにたくさん焼いた」と話している。

スポンサードリンク

客のコンロが出火元。罪状は?

今回の火事。店側ではなく火元は「客」だ。どういった罪に問われるのか?

恐らくは失火罪

116条1項 

失火により,第108条に規定する物(現住建造物等)又は他人の所有に係る第109条に規定する物(非現住建造物等)を焼損した者。50万円以下の罰金

2項

失火により,第109条に規定する物(非現住建造物等)であって自己の所有に係るもの又は第110条に規定する物(建造物等以外の物)を焼損し,よって公共の危険を生じさせた者。前項と同じ50万円以下の罰金。

さらに店舗の損害賠償も。テーブルを囲んでいたのはサラリーマン風の方々。酒の席での悪ふざけが過ぎた様だ・・。

※尚、余談だが同じ並びのラーメン店を出て避難した客が避難しながらラーメンが出来上がるのを待っていたという・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*