保毛尾田保毛男が同性愛者やLGBTへの偏見をもたらす?本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年9月28日のゴールデンタイム。フジテレビが、「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」の中で「保毛尾田保毛男」という当時人気だったキャラクターを登場させ、同性愛をネタに共演者とやり取りするシーンを放送した。

この放送に対し、LGBT支援団体などは、「日本社会に残る性的少数者への差別や偏見を助長することに他なりません」と抗議した。

・・本当に保毛尾田保毛男「が」同性愛者差別の大元になるのだろうか?

スポンサードリンク

保毛尾田保毛男「が」同性愛者やLGBTへの偏見をもたらす?

28日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」に往年の人気キャラクター「保毛尾田保毛男」が登場。それに対し、LGBT支援団体などは、同性愛者を嘲笑の対象とした表現があったとして抗議。

「性的少数者への差別や偏見を助長し、特に学校で子ども達が危険にさらされる可能性がある」フジテレビと番組協賛社に番組を放送した事への正式な謝罪を求めている。

本当に差別や偏見を助長し、子供たちが危険にさらせれるのだろうか?幾つかの疑問を並べてみる。

男性同性愛者以外のマイノリティーをキャラにしているのはスルー?

今回LGBT支援団体は「男性同性愛者」の保毛尾田保毛男を糾弾している。ではその他の性的少数者や少数者についても同じように抗議文を出しているのか?

・いわゆるオネエ系のタレントさん達が、自身が性的マイノリティーだという事を「売り」にまでしている。

・「保毛尾田保毛男」はダメで、浮浪者をネタにした「変なおじさんは」大丈夫?

・「ハゲ」「ブス」は許されて「ホモ」はダメ?

LGBTの抗議文を出した人々は、上記のネタに対しても笑わず、抗議文を題しているのか?いるのであれば整合性はあるが、どうなのだろう。

スポンサードリンク

当事者たちはどういった反応をするのだろうか?

今回はLGTBの「支援団体」が抗議文を出しているが、性的少数者・当事者達はどう反応をするのか?それが答えでもある。ツイッターや、コメント欄などに投稿された当事者の書き込みを紹介します。

・自分、ゲイですけど、放送をリアルに見てて凄い懐かしく、笑えました。今のタイミングでこれをやるって、逆にゲイを受け入れているのではと受け取りました。

・ゲイの意見を代表するような発言はやめて欲しい。むしろゲイに対する偏見を助長させている。

・テレビに出ているオネエ系のタレントさんや2丁目で働いている皆さんがこういう批判すると思う?逆にゲラゲラ笑って見てたと思う。

と、今回の抗議文はあまり意味の無いものどころか、逆にゲイを苦しめてしまうのでは?との意見も多い様だ。

その他、一般論色々。

・今回はフジに同情。クレーマーがうざいなんてもんじゃない。

・LGBTに理解が無い人間はテレビの影響というより元々の性格の問題かと。

・これだけオネエキャラが露出している時代に、これを差別ととらえる方が病んでると思う。

・LGBTに対する偏見、差別はあってはならない、と言うけどね、ちょっと違うんじゃないかな。確かに差別は良くないと思うけど、偏見に思うかどうかは個人の考え方による。

・友近とか横澤とかRGとか秋山とか。LGBT以外にも特殊な人達をネタにする人はたくさんいますけど。

様々な意見があるが「結局は個人がどう思うか」というものが多い。

「子どもたちが危険にさらされる」「結局は個人がどう思うか」=親の教育が肝心か?

賛否両論。保毛尾田保毛男が巻き起こした騒動はこの言葉がぴったりだ。本当に「賛」半分「否」半分といったところだ。

LGBT支援団体が指摘する「子どもたちが危険にさらされる」というもの。実際にテレビの影響というものは大きいだろう。

また、「結局は個人がどう思うか」というのも地に足の着いた意見だろう。この2つは確かに現実に起こる事。

では、落とし所はどこかと考えると、やはり親がどういう教育をするかによるだろう。昨今学校で何か起こると、すぐに「学校の責任」「教師の責任」と指摘されるが、学校や教師ができる事など限られている。

特に今回の様な事は、親がしっかりと分別のある考えを我が子に植え付ける事が最も好ましい。保毛尾田保毛男の表面だけでなく、それがどういう事か、しっかりと掘り下げて考える教育をできる親になりたいものだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*