春菜そっくりな議員・すだ和(すだ・むつみ)尼崎市議会議員(敬称略)が本当にそっくり!そして優秀な市議でもあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ハリセンボンじゃねーよ」

可愛らしい自身の似顔絵イラストと共に添えられた吹き出しが話題に。

ハリセンボン春菜さんとそっくりな議員が尼崎市にいる。

そんな情報が流れたのは、尼崎市議会議員のすだ和(すだ・むつみ)氏が上記のコメント付きで自身のポスターを作製し、そのポスターの画像がtwitterで拡散された所から。

「尾ひれがついた噂でしょ」と思っていたら・・本当にそっくり!「角野卓造じゃね~よ!」「マイケル・ムーアじゃね~よ!」「シュレックじゃね~よ!」なんでもいける?

ふざけてばかりでなく、市民オンブズ尼崎公表の【議員通信簿】では堂々1位に。実直な活動が市民に支持されている。

関係者様へ。ニュースジャパンは各分野で、真摯に取り組んでいる方を応援しており、本人のプライバシーや著作権を侵害する意図はいっさいありません。問題がある場合、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。即、善処致します。

スポンサードリンク

春菜さんそっくり・すだ和さんのプロフィール

出典:すだ和氏公式ホームページより

すだ氏は現職の尼崎の市議会議員。現在3期目。

名前:すだ和(すだむつみ)

生年月日:1956年 

出身地:広島県

出身大学:大阪外国語大学

すだ和氏の経歴

・商社勤務後に結婚。子育て中に、子育て支援誌(自費出版)「ミズ プランニング」結成

・1996年から1999年3月。三田市女性センター・指導員を務める。

・1999年から2004年3月兵庫県立男女共同参画センター・情報アドバイザーを務める

・尼崎市女性センター・トレピエ所長(2004年7月から2009年3月)

・2009年6月に 尼崎市議会議員選挙にて初当選。無事に1期目を務めあげ、

・2013年6月には 尼崎市議会議員選挙において二度目の当選。そして
・2017年6月に尼崎市議会議員選挙では三度目の当選を果たし、市議会議員として9年目の議員活動を精力的にしている。

スポンサードリンク

すだ和・尼崎市議会議員。活動が評価され、市民オンブズ尼崎公表【議員通信簿】総合第一位に

議員としての活動は自身の経験を活かし、

子育て支援活動。男女の共同参画社会へ向けての活動などが中心。

2009年から2012年の12月の議会では一般質問ができる全議会に登壇。

・ひとり親家庭・DV被害者支援、母親の就労支援

・年少者の性暴力被害者支援

・審議会等の女性登用率や市民公募の方法

・市役所女性の管理職登用と職員研修

・食育の推進

・市報の編集等に市民参画を

・公民館などの講座に、ワークショップ型のまちづくりに活躍する人材育成講座を

・男女共同参画の視点を踏まえた被災者支援や防災計画

・女性センター内喫茶の利用者のニーズを汲んだ活用

・気仙沼市への支援

・防災教育や避難訓練のあり方

・シティプロモーション事業における子育て支援

などの質疑応答に初当選以来登壇。自身の「任期期間限定で市民のみなさまに雇 われているのが議員」のモットーを貫き、市民に寄り添った地道な活動が市民オンブズ尼崎公表の【議員通信簿】では堂々1位に。

すだ和尼崎市議会議員、2009年初当選時には東京のテレビ局からのオファーも

2017年の5月31日、尼崎市女性センターで行われた講演では「ハリセンボンじゃねーよ」のにまつわる色々なエピソードを語っている。

・街を回っているとみんなに「テレビに出てるあの人に似てますよね」と言われる。

・今回のポスター作製にあたり、弁護士さんにも相談、選挙委員にちゃんと許可を取った。

・ツイッターで拡散依頼、中高生から20代位の方々は「おっ」と反応する。

・8年前から言われており、2009年の初当選の後、すぐに東京のテレビ局・・プロダクションだったか・・ちょっと覚えてないですが・・。から電話があって(春菜さんに)非常に似てるとの情報が入って来たので東京地方限定のテレビ番組だが出演して欲しいとの旨の連絡があったが、議員当選後、1週間~2週間くらいで、していい事と悪い事が解らなかったので、「それは困ります」としお断りした。

・2期目の時も、誰かがそういう事を発信されるみたいで、春菜さん自身が、すだ氏の事をネタにしたものをルミネ座吉本で使用していいか連絡があった。

など、語っている。

その語り口は明朗であり、誠実。8年間こういった話があっても固辞してきたお人柄があるからこそ、市民に支持されるのだなあと感じた。

youtubeの動画を拝見したのだが、自身の公式ページのものでは無かったので動画そのものの掲載は控える。

「地に足が着いている」印象・若者の政治離れにも・・

すだ氏の印象は実直そのもので「地に足が着いている」という印象だ。

その中でもユーモアを取り入れた。今回の様な行動が「良い事例」となり、若者の政治離れにも一役買う形になれば、最高の出来事ではないか。

昨今、政治家のどうしようもないスキャンダルばかりが話題になってしまっている。

ダウンタウンを輩出した尼崎(関係ないか苦笑)。市政とは言えども今回の事が政治の世界に良い「緊張と緩和」を生み出す試金石になる事に期待したい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*