日馬富士引退会見。横綱として立派な最後だった。【11月29日追記】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

またもや相撲界の暴行問題が発覚。

伊勢ケ浜部屋・東横綱日馬富士が10月の秋巡業中に貴ノ部屋・平幕貴ノ岩)を殴打して大けがを負わせたことが14日、分かった。宴席でのトラブルだったという。

これが事実なら「引退は」避けられないであろう。

スポンサードリンク

日馬富士・ビール瓶で暴行。貴ノ岩を殴打

2017年、九州場所。貴ノ岩は九州場所を初日から休場していた。協会には頭蓋底骨折で2週間の治療が必要という診断書を提出していた。

そしてなんとこの怪我、横綱日馬富士からの暴行が原因だった。

日馬富士関は10月26日に開かれた会食で「態度が気に入らない」と貴ノ岩関にビール瓶などで殴打したとの事。貴ノ岩関は脳振とうや頭部裂傷・頭蓋骨骨折などで入院。今場所は初日から休場している。

スポンサードリンク

診断書は14日になり提出

貴ノ岩は休場届は出していたものの、休場の理由となる診断書は提出されていなかった。

14になり、診断書が提出され理事会や大手メディアに知れる事になった。

日馬富士・暴行を謝罪。九州場所休場の届け出

日馬富士関は14日の午前、伊勢ケ浜部屋での朝稽古をした後に報道陣や関係者に向け

「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。

九州場所の3日目からの休場を決めた。

日馬富士・暴行。日本相撲協会・横綱審議委員会の判断。

今回の暴行事件を受け、九州場所が行われている福岡国際センターに集まって対応を協議した日本相撲協会は、貴乃花親方などから、直接事情を聞くなど事実関係の把握をしている。

また、横綱審議委員会・北村正任委員長は「全力士の模範となる高い品格を持つはずの横綱が暴力沙汰を起こしたのであれば、大相撲全体に対する評価にも大きく影響する。協会の厳しい処置を求めることになるだろう」とした。

日馬富士・ビール瓶で暴行はモンゴル人力士同士で・・

今回の会食で同席した日馬富士と貴ノ岩。

2人ともモンゴル人力士。角界の中で、モンゴル人力士同士の絆は深い事で有名。同郷の両者の間で解決しようとしたのかも知れない。

しかしながら、貴乃花部屋では宴席への参加はあまり推奨されておらず、酒の席での日馬富士と貴ノ岩はあまり親交が深くない事も影響したと考えられる。

そういった微妙な関係性が意見のすれ違いを生んだ可能性もある。

スポンサードリンク

貴ノ岩・貴乃花親方への報告も遅れたか・・

なぜ、事件当日から2週間も経った14日の報告になったのか?

おそらく、あまり推奨されていない宴席への参加、同じモンゴル人力士だといった状況から言いづらいと考えてしまい、貴ノ岩が実際に起こった事実を貴乃花親方に報告するまで少しのタイムラグがあったと見られる。

日馬富士・暴行を謝罪に訪れるも貴乃花親方とは会えず

師匠の伊勢ヶ濱親方、横綱・日馬富士は連れだって、14日の正午前、福岡県田川市の貴乃花部屋を訪れたが、2人の到着時、貴乃花親方は理事会へ出発しようとしていた。
伊勢ヶ濱親方が車を呼び止めようとしたが、貴乃花親方が乗った車は止まらずにそのまま出発。日馬富士と伊勢ヶ濱親方もそのまま部屋に引き返した。
 
貴乃花親方の心中はいかに・・。
スポンサードリンク

日馬富士の進退は?

これまでも「かわいがり」という名の暴行が発覚してきた相撲界。これまでの暴行者の処分を考えたり、今回の事件を単体で考えてみても、恐らくであるが、横綱と言えど、いや横綱だからこそ今回の事件の責任は「引退」をもってけじめとする事だろう。

「不祥事があったら辞めて責任をとる」というのは最も解りやすく、簡単な方法で褒められる事では無いが、今回の件に関しては・・。引退が適切ではと思われる。

追記:11月29日、日馬富士引退会見。立派な会見だった。

無い様については皆さんご覧になったと思います。

今回の暴行事件。日馬富士の暴行行為は激しい暴力であったのは間違いない。

酒瓶や、カラオケのリモコンで殴打した事実からすると引退が適切だと今現在も思う。

が、日馬富士の「実直すぎる」性格が起こした事件だと。

引退会見も日馬富士関の真っすぐな人柄を充分に感じた方は非常に多いのではないだろうか。

今回の殴打事件は間違いなく行き過ぎた行為だが、何年後、何十年後に貴乃岩も含め、「いい経験」だと言えるようになる事を望むばかりだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. マツモトヨシヒロ より:

    同感。日馬富士は立派だ。それに引き替え、コメンテーターどもの偽善に満ちた阿世ぶりは唾棄すべき。

    1. akirakuga より:

      コメントありがとうございます。

      「行き過ぎた指導」になったのは否めませんが、会見の立ち振る舞いは本当に立派だったと思います。

      コメンテーターの皆様・・「コメントするのが仕事」とはいえ・・と私も思う所があります。

コメントを残す

*