暁星国際・中川将司野球部監督。性的少数者・LGBTも視野に。男子部員へのセクハラ問題の進展は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

暁星国際高校(千葉県木更津市)の野球部・中川将司監督が、同校の寄宿舎で共同生活を送る男子部員にセクハラやパワハラをしていた問題。当初口頭での注意のみで事態を収めていた同校は処分を見直し、当分の間、監督を野球部の指導から外すことを決定した。

暁星国際高校・中川将司野球部監督の行為はセクハラか?

今回、生徒が訴えた野球部監督のセクハラ行為は

  • 入浴時に監督が浴場に入って来て「体を洗う」と言って触って来た。
  • 消灯後、部員の寝ている布団に入って来た

といったものだ。今後、学校側の聴取によりもっと細かい行動も明らかになってくるとは思うが、上記の2つだけだと一概に「セクハラ」だ。とは断定しずらい。消灯後の行動に関しては、監督自ら規則を破っているので言い訳はできないが・・。

暁星国際高校・当初は「口頭で注意のみ」

今回の問題は、11月の上旬。監督から上記の行動をされた生徒の保護者が木更津署に相談。同署から学校側へ連絡が入り、警察からの聴取、又、暁星国際高校側も中川監督から事情を聴いている。

その際は「男性教師による男子生徒への風呂場での行為」「男性教員が男子生徒の布団に入った」という事実もあり、監督自身に「セクハラ」の感覚は無かったという事で、口頭での注意のみであった。

一転、「調査する必要ある」。同行為が一年以上継続していた。

ところが、12月に入り4日。同行は中川監督を野球部の指導から外すことを決めた。中川監督の男子部員への上記の様な行為は、一年以上継続的に行われており、特に布団の中では

  • 「癒してくれたら、許してあげる」
  • 「耳を噛んできた」

という「監督が選手にする行為」からはかけ離れている行動もあった事も解っている。この行為は「監督自身にセクハラの感覚は無かった」で片付けられるものではないだろう。

しかも、そんな常軌を逸している行為の被害にあった部員からすると、あくまでも「監督と選手」の上下関係があり、簡単にはねのける事ができるかと思うと中々難しいだろう。その辺りを学校側も再度検討し調査をするという形だ。

「スキンシップ」を越え、「性的対象」だったならばLGBTも視野に入れての調査が必要ではないか。

一連の流れを見ていると、「監督と選手の間のスキンシップ」というよりは中川監督が男子生徒を「性的対象」として見ている様にも見える。

そうなってくると性的少数者やLGBTも視野に入れ調査する事が必要ではないか?

性的少数者とLGBT。

性的少数者(せいてきしょうすうしゃ)とは、何らかの意味で「性」(「性別」も参照)のあり方が非典型的な人のこと。英語のSexual Minority(セクシュアル(セクシャル)・マイノリティ)の日本語訳である。性的少数派性的マイノリティジェンダー・マイノリティとも言う。一般的に同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害の当事者含む)などが含まれる。 最近の英語圏では、総称として、GSM(「ジェンダーと性的少数」)、GSRM(「ジェンダー、セクシュアリティ、そしてロマンチックマイノリティ」)、およびGSD(「ジェンダーとセクシュアリティの多様性」)が提案されている。

LGBTとは、レズビアン(Lesbian・女性の同性愛者)、ゲイ(Gay・男性の同性愛者)、バイセクシュアル(Bisexual・両性愛者)、トランスジェンダー(Transgender・性別移行(性同一性障害)を含む)の頭文字から作られた頭字語である。性的少数者とLGBTの違いとして、その言葉のなりたちがあげられる。性的少数者が客観的に性におけるマイノリティを定義しているのに対し、LGBT は、1988年頃に、アメリカの活動家が使い始めた言葉であって[4]、ゲイのコミュニティ、トランスジェンダーのコミュニティ等に属する人々が、自らを呼ぶ言葉としてこの名称を選んだということである。

出典:wikipedia

性的少数者やLGBTだったとしても、それ自体はなんら問題は無い。

問題は中川監督自身に自覚があって、そのような行為に及んでいたかどうかだ。「性的対象が男性」だったり、「体育会の男子、特に若年層」が好き。など自身が自覚して今回の行為に及んでいたのであればまさしく「セクシャルハラスメント」だろう。

そして、男子生徒がそのような行為を良しとは思っていいないのを承知で行っていた場合は「パワーハラスメント」になる。

慎重に。厳然と。

今回は「殴った」や「試合に負けた罰として一日中グランドを走れ」などと言った万人に解りやすい「体罰」問題ではなく、少し線引きが難しい「セクハラ行為」に関する騒動、しかも「男性同士」というのが輪をかけて話を解り辛くしている。

しかし、口頭の注意だけで済ませるような事でないのは確か。学校側も中々調査を進め辛いだろうが、急がず慎重に厳然としかるべき処分を下したい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*