布川敏和・怪しい投資集団(ねずみ講)の広告等に!?真実はいかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

元シブがき隊の布川敏和さんが、実態が不透明な投資集団(D9クラブ)のイベントに参加した。

どう投資集団は公には認知さてておらず、その投資方法、集金方法も未だに明らかにされていない。

そんな投資集団の集まりに参加した布川さん。同社の手口は「ねずみ講」だとされているが・・。

出典:熱愛情報局

スポンサードリンク

疑惑の投資グループ「D9クラブ」「SENER」

疑惑の投資グループは「D9クラブ」「SENER」。

2つの企業名で金を集めているという。

この投資に関する被害者は世界に及び、およそ10万人以上とされ、被害総額は数十億円にものぼると言われている。

イギリスブックメーカーへ投資すれば儲かる

「D9」は「年利400%の配当」があると謳い、その投資先はあのイギリスのブックメーカーだと話を持ち掛け金を搾取したと言われている。

年利400%が永遠と続くとは通常であれば考えられないが、入会当初はおそらく配当はされるのであろう。

それで信じた人間がまた次の人間を巻き込んでいくいわゆる・・

システムはいわゆるねずみ講

こうしてどんどん出資する人間を膨れ上がらせ、膨大な金が集めるが、元々ブックメーカーが400%の配当を生み出しているわけでは無い。

集めた金で400%の配当を払っているだけなのだ。そうすると最初の何カ月だけは400%払い。・・・それは破たんするのは解り切っている。

吸い上げられた金は最上層部にいったん収められる「そこ」にだけ金がある。

いわゆる「ねずみ講」だ。

案の定、この会社の社長もトップも未だ不透明という事。

元から集めた金を持ち逃げしようとしていた事が考えられ、計画的で悪質な詐欺行為だ。

スポンサードリンク

布川さんが広告等に使われ、「フェラーリをプレゼント」・・

こういった「ねずみ講」常套手段は「有名人の起用」だ。

投資する人間は「あの人が言うのなら間違いない」と、一発で信用してしまう人間も少なくないだろう。

今年の4月16日、東京お台場で出資者を募るイベントが行われ布川さんが出演。

「多くの出資者を集めた方にはフェラーリなどの豪華賞品をプレゼント!!」

とMCをし、会場を盛り上げていたという。

布川さんは事務所に来た仕事をやっただけなので・・・

「ボクは会社に来た仕事をやっただけなので・・。豪華すぎるプレゼントを見て、こんな世界もあんのかな、とは思いましたけど。オレ、悪いことしてるんですかね?」

・・と語っており、反省の色はない。

言っている事は解らないでもないし、芸能界の仕事の流れとはそんなものなのかもしれないが、もう50を超えた大人。

もう少し自分の仕事を把握しようとする自覚はあっていいのでは?

まとめ

会社の責任か本人の責任か?

一番の悪は「D9」である事は間違いないのだが、もう少し自分の仕事に興味と責任を持ったらどうなのだろうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*