ファミマのコインランドリー導入と24時間営業廃止は英断か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手コンビニチェーン「ファミリーマート」(株式会社ファミリーマート・東京都豊島区東池袋三丁目1番1号 )がコインランドリー事業の参入、そしてコンビニ事業の24時間営業の見直しを図る。

この判断は英断なのか?様々な角度から考えてみる。

スポンサードリンク

ファミマのコインランドリー事業参入に関して

ファミリーマートは2018年にコインランドリー併設店を実験開始。2020年、東京オリンピックの開催年までにコインランドリーを500店舗に併設する計画だという。

コインランドリーを併設する事により、「ついで」にファミリーマートに立ち寄り買い物をしていく事による売り上げ増加や、核家族化、外国人旅行客の増加に伴なう洗濯物の需要に対し、供給が追い付いていない現状に着目し、利用客を想定している。

ファミマのコインランドリー併設による「ついで」買い

コインランドリー併設を実施した時のついで買い。

これに関しては、「かなりの売り上げ」は見込めないが、「一定の売り上げ確保」という数字に落ち着くのではないだろうか。

スポンサードリンク

コインランドリーから「離れる」「離れない」

まず、コインランドリーを使用する際、「コインランドリーを離れる」方と、「コインランドリーから離れない」方の割合だが、圧倒的に「離れる」方の割合が大きい。80%から90%は離れる。では併設によりそれぞれのパターンにどんな変化が生まれるだろう?

「離れる」派。一度家に帰る人

  • ファミマで何かを購入し、ファミマのイートイン。又はコインランドリー内で時間を潰す。
  • 一度帰るにしてもファミマで何か買っていく

「離れる」派。離れている間に用事を済ます人

  • 主婦の方などはルーティンが決まっているのでファミマには寄らない。
  • コインランドリーに雑誌など置いてあればファミマで飲み物を買ってコインランドリー内に残る可能性も。

「離れる」派。離れている間に食事を済ます人

  • ファミマで雑誌と合わせ弁当を買い、イートイン、またはランドリーにスペースがあればそこで時間を潰す。
  • 習慣の様なものなので、そのままいつも通り「いつもの店」で食事を済ます。

「離れる」派。女性の場合

  • 周囲に有人の建物が無い場合、1人でコインらドリー内にいるのは恐怖。だが本来は盗難防止のため監視したい気持ちはある。隣に有人のコンビニがあれば安心してランドリー内に残る様になる可能性も。その場合、雑誌、飲料などの購入はするだろう。

レアなケースも多数存在すると思いますが、「離れる派」の方の大きい行動パターンは上記の行動がほどんど。

こうして挙げると、併設したからといって「離れる派」が「ファミマ・コインランドリーの利用者がファミマで買い物」する確率は結構低と推測されます。

しかし、「コインランドリーを離れない派」の方々のファミマでの購買に関してはかなり期待できるのではないでしょうか?

「離れない」派

  • 雑誌や飲料を購入し、コインランドリー内で時間を潰す
  • ファミマのイートインで食事などして時間を潰す
  • それこそ、ファミマで「ついで」買いをする

前述したが、女性の心情としては「離れない派」の方々も多い。有人のコンビニが隣にある安心感や、イートインスペースからコインランドリーが見えれば、高い確率で「離れない」事になるはずで、ファミマでの購買が進むのは間違いない。

スポンサードリンク

ファミマのコインランドリー併設による外国人利用客の見込み

ファミマが2018年から計画的にコインランドリーを増やしていくのであれば、現存のコインランドリーより有利だろう。「外国人への表記」を計画に含んでしまえばいいのだから。

また、ファミリーマートは

  • 台湾 3138店舗
  • タイ 1131店舗
  • 中国 2116店舗

と、アジアにも多くの店舗を構えており、日本に来る外国人観光客のベスト3

  • 韓国  28.3%
  • 中国  16.4%
  • 台湾  14.7%

の中国、台湾からの観光客にもなじみがありる事が大きいメリットとなるだろう。「独占状態」になる可能性も高いと見る。

ファミマ・コインランドリー単体での利益率は?

勿論、1店舗ごとの立地、売り上げ、家賃にもより利益率は違ってくるが、コインランドリーは1つの店舗で「本業」とし、稼げるビジネススタイルではないのが殆んどである。

チェーンやフランチャイズ展開して大元が儲けるという形が一般的だし、「無人」で行う事業というのは「自動販売機」や「鉄道(無人駅)」にも見られるように爆発的に儲かる様には出来ていない。やはりマンパワーは偉大なのだ。

今回の「ファミマコインランドリー」もその域は出ないと思うが「高い外国人旅行客の独占率」と「ファミマが運営している安心感」で現存のコインランドリーよりは一歩抜きんでる可能性はある。

が、それにしても「大勝ち」は出来ないだろう。

次ページは24時間営業廃止について

↓       ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*