アルファ碁ゼロ。最強のAIが過去の棋譜の読み込みなしで最強に?AIはどこまで発展するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

とうとうAIは「自己成長」する所まで来たのか・・。

イギリスのディープマインド社が人工知能「アルファ碁ゼロ」を開発。なんと「アルファ碁ゼロ」今までの様に、膨大な対局データを覚え込ませなくても強くなるという。

スポンサードリンク

AIが「強化学習」で強くなる

「アルファ碁ゼロ」以前、ディープマインド社が開発した囲碁AIはこれまで過去の対局の「棋譜」をできるだけ記憶させることで強くなってきた。

しかし今回のAIは、AI同士が繰り返し対戦しそれをどんどん学習していく「強化学習」により強くなるという。

その機能は人間の初心者以下の状態からでも対戦を繰り返しさえすればどんどん強くなっていく。

なんと旧アルファ碁との対戦成績は100戦100勝

なんと今回の「強化学習」型アルファ碁は過去の「記憶蓄積」型アルファ碁に100戦して100勝しているというのだ。

過去の「記憶蓄積」型アルファ碁ですら囲碁の本場、韓国の李世乭(イセドル)九段を相手に4勝1敗で完勝している。

その旧型に

約500万回の事故対局→100戦全勝→日本の井山裕太現7冠らトッププロを打ち負かした「アルファ碁マスター」も圧倒。

スポンサードリンク

人間の手が離れ、自動で学習するAIに恐怖すら感じる・・

もちろんAIを作り出しているのは人間だ。しかしここまでくるとAIが人格を持っている様な感覚に陥ってしまう程だ。この表現も大袈裟では無いだろう。

よくSF映画や漫画などで「ロボットに支配されてしまった人類」といったコンセプトのものがある。

いくら化学が発展したとしても「そんな事無いだろ」・・10年前は全人類の多くはそう思っていただろう。

しかしここまでAI(人工知能)が「勝手に」やれてしまう時代。我々人間がしっかりとAI(人工知能)を管理しないと近い将来本当にSF映画の様な時代が来てしまうかも知れないと思うのは考え過ぎだろうか・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*