アパホテル・地面師被害。12億円を騙し取った9人を逮捕。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「地面師」

普通に生活を送っている一般の方々にはあまり馴染みのないフレーズだ。

しかし、不動産業界の中では最も注意しなければならない「不動産詐欺グループ」の事を意味する。

積水ハウスが63億詐取された事件は記憶に新しい。都内の超一等、業界最大手企業の積水ハウスをも騙してしまう「地面師」今回は大手ホテルチェーン「アパグループ」を標的に。被害額は12億円、その手口とは?

スポンサードリンク

アパグループ相手に12億円の詐欺

警視庁捜査2課は11月8日、会社役員の宮田康徳容疑者(55)。司法書士の亀野裕之容疑者(53)その他犯行に加わった人物を含め合計9人を偽造有印公文書行使などの容疑で逮捕した。

2013年8月、港区赤坂にある土地の所有者の親族2人になりすまし、アパグループの関連会社「アパ」と土地の売買契約を結んだ。

そして、登記も詐欺グループ内で作成、申請したという。

 アパグループは親族と装った詐欺グループに土地の購入代金を支払ったが、登記の審査中に印鑑登録証明書などの偽造が発覚し、申請は却下されたのを受け、今回の事件が発覚。返還を求める損害賠償訴訟を起こした。

これに対し、東京地裁は13年12月に全額を返還するように命じていた。

スポンサードリンク

地面師と地上げ屋の違い

一般的に土地の売買に関するトラブルとなると「地上げ屋」を思い浮かべる方も多いのではないだろうか?「地面師」との違いはどういった所だろう。

地面師とは

  • 不動産物件を詐取する「詐欺グル―プ」主な特徴としては
  • 土地や建物の持ち主が知らないうちに本人になりすまし、勝手に不動産を転売又は担保に入れ代金を詐取する
  • 身分証明書や印鑑証明書を偽造する者がいる。
  • 登記簿上の本人に成りすまし、実際の交渉にも顔を出す「実在の偽者」がいる。
  • 架空の法人を設立する者
  • 実在の「不動産鑑定士」「司法書士」「土地家屋調査士」「建築士」「宅地建物取引士」などの専門家も詐欺に加担している

地上げ屋とは

  • 主にバブル期、時代の背景もあり「土地価格は絶対に下がらない」との神話の元、土地をのべつまくなしに買い取っていった集団。
  • 売却を拒むものに対しては嫌がらせをし、強制的に退去に追い込む。
  • 目に見える嫌がらせが多い。抵抗する者の家に火をつけボヤをだす。
  • 家族(娘、息子)への危険を感じさせる文言で脅迫する
  • 重機や車などを使用し、直接家屋に被害を加える。

地面師は知能犯であり「詐欺集団」

地上げ屋は目に見える解りやすい実力行使型の犯行。

これで違いは明確ではないか。

スポンサードリンク

地面師は複数人で土地の売買詐欺を行う集団

2017年の6月。不動産大手の積水ハウスが63億円の土地売買で詐取された事件も地面師の犯行とされている。こちらは未だ犯人は見つかっていない。

地面師集団の特徴としては、本物の司法書士や不動産鑑定士がグループ内にいる事で、一方ではまともな仕事もしている事も多い事で、その事を隠れ蓑にし、捜査の網をかいくぐっている。

今回は2013年からくすぶっているのを捜査2課が調べ上げ、逮捕に到った。

これは氷山の一角に過ぎないはず、これを好例とし、こういった詐欺集団の撲滅につなげたいものだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*