「72時間ホンネテレビ」で話題のAbemaTVは今後どこへ行く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

元SMAP3人の番組がAbemaTV最高視聴者数を更新。

地上波テレビ局も顔負けのクオリティのAbemaTVの将来性を占う「存在」とは

スポンサードリンク

元SMAP3人の番組がAbemaTV最高視聴者数を更新

2017年秋にジャニーズ事務所を退所した元SMAP稲垣・草なぎ・香取の3人。
この3人がAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」に出演し、ネットのトレンドに何度も上昇して来るなど盛況を見せています。

何と視聴者数がAbemaTV開局以来最高を更新し、ネットのみならずテレビ業界にも衝撃を与えたようです。
そもそもがネットの「トレンド」を意識した作りになっており、話題になりそうな企画や物事をテーマにした番組内容となりました。

HIKAKINなど人気YouTuberの動画に草なぎが出演

元々番組開始前から話題は高まっており、新聞の広告欄に載ったりHIKAKINなど人気YouTuberの動画に草なぎが出演するなど期待は高まっていたようです。

番組はまるで地上波全国テレビ番組のようにしっかりとした編集で、堺正章や三谷幸喜など有名人が数多く出演し既存のテレビそのものと言ったクオリティになっています。

スポンサードリンク

地上波テレビ局も顔負けのクオリティ

そもそもAbemaTVはなぜこんなに躍進を遂げられたのでしょうか?
AbemaTVの大元はAmebaブログで有名なサーバーエージェント。
そのほか数多くの企業も出資し、さらにはテレビ朝日といった地上テレビ局も出資に関与しています。

そのためこれまでのテレビ番組と変わらないエッセンス、さらにはドラマやアニメ専門チャンネルもあるなど幅広さで利用者を一気に集めました。

テレビ局顔負けの提供力

新作映画が地上波より先にここAbemaTVで放映されたりと、テレビ局顔負けの提供力を見せているのです。
これまでに亀田興毅が出演したスペシャル番組が話題となり、新規視聴者も増えたと言われていました。

今回も各所でAbemaTVに沢山の専門チャンネルがある事を知ったり、番組の作りが思ったより本格的でビックリしたなどの声が挙がっておりますます利用者が増加しそうです。

スポンサードリンク

AbemaTVの将来性を占う「存在」とは

地上波テレビ局が今後インターネットに、莫大な資本を注ぎ込む事は間違いありません。
民放はおろか国営放送ですらインターネット放送に少しずつ歩み寄っています。
もちろんテレビ朝日がAbemaTVに協力したのも、そういった流れがありますしかなりの利益がテレビ朝日にも入っていると言われています。

ワンセグ放送はスマホでも視聴する事が出来ますが、安定性または充実性で見ればインターネットテレビに軍配が上がります。
そうで無くとも、スポンサーがネットへの広告費の方を大きくすればテレビは絶対的に縮小していきます。

AbemaTVも無料放送であり、スポンサーの広告費で制作費のほとんどが成り立っています。
やはり今後AbemaTVもしくはインターネットテレビが拡大していけるかは、スポンサーの動きにかかっているのだと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*