16歳が立候補!アメリカ・カンザス州知事選でジャック・バーグソン君が発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なんと!16歳の青年が州知事に立候補!

カンザス州知事選への出馬を決めたのはジャック・バーグソン(Jack Bergeson)君。

9日にアメリカABCテレビ・Jimmy Kimmel Live!の番組内で決意表明した。

スポンサードリンク

Jimmy Kimmel Live!とは

アメリカABCテレビで放映されているトークライブ番組。

司会のJimmy Kimmelの名が番組名になっている。

2003年から今年で14年目を迎える人気長寿番組。

16歳の立候補・副知事にも友人が立候補で全世界の注目を集める。

「最も成し遂げたい事の一つは、若者の政治参加を促すこと」

出馬理由や抱負について、司会のJimmy Kimmel氏にこう説明した。ジャック・バーグソン君は若者の政治離れ改善を目指す。

さらに副知事にはバーグソン君の友人・アレキサンダー・クライン君が立候補している。

世界でも前例がない16歳のダブル立候補に世界の注目が集まる。

カンザス州には年齢規定がない・世界の選挙権の低年齢化も後押し。

カンザス州とは?

アメリカ合衆国ミズーリ州西部に位置する都市。市域はジャクソン郡を中心に4郡にまたがる。市はカンザス川がミズーリ川に合流する地点を中心に広がっている。人口は459,787人

カンザス州の歴史と政治

カンザス州は独立するまで様々な変遷があり、過去に独特な政策をとった州としても知られている。

先住民と白人開拓者との争い。

カンザス・ネブラスカ法による奴隷制度での暴力。

南北戦争が開戦されるきっかけとなる最初の戦場にもなった。

複雑な歴史と政治が繰り広げられているこの州で育ったバーグソン君だからこそ、旧態依然とした政治にアンテナが立ち、それを断ち切らなければと思うに至ったのかも知れない。

そして、カンザス州の州知事立候補の条件要綱には年齢規定が無い。

また、2000年代に入り、ヨーロッパ諸国を中心に地方選挙などでは16歳での選挙権が認められている地域も多く、今回の決断を少なからず後押ししているのではないか。

スポンサードリンク

当選までの道は険しい

ただし、当選できるかどうかとなると、道は険しいだろう。民主党員としての出馬を取り付けているバーグソン君だが、自身でも「若者が立候補しても、真剣に受け止めない人が多いのは分かっている」とし、今回の選挙が難しいものになる事を覚悟した発言をしている。

だが、16歳の少年が政治に興味をもって大きなチャレンジをする事に意味があるだろう。背中を押してあげたい。

まとめ

「政治家としての実力」は現時点でいかなるものか。

スポーツ界では16歳と言えどオリンピックで金メダルを捕ってしまう事だってある。ここはひとつ、色眼鏡を外し、公正な目で彼の実力を見極めてあげて欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニュースジャパン24をフォローしよう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*